ブログ

「最低、5秒」

相手が話し終わっても、すぐには話さないこと。
最低でも、5秒は待ってから話すこと。

私が売れない営業マンだった時代、
カウンセラー養成講座に通い始めてから
実践しだしたことの一つが、「待つ」ということです。

余裕のない人というのは、
会話の中の沈黙を気まずいものと感じてしまうものです。
かつての私がそうでした。

何か話さなければと思うあまり、
相手の話をしっかり聞くことをせず、
相手の話の途中で次の質問を考えたり、

「この後どんなことを言えばこの人に響くだろうか」
なんてことを考えたりしていました。

これでは、本当に話を聞いているとは
とても言えませんね。

こちらが何か相手に対して質問をしたとき、
相手が答えてくれた際、すぐにまた話し始めてしまうと、
「ちゃんと話を聴いてくれてない
という印象を残してしまいます。

そんな印象を残してしまうと
せっかく話してくれたのに
次からはろくに本音を話してくれなくなります。

一番言いたいことや本当に伝えたいことというのは、
すべてを話し終えた後に出てくることもあるものです。

沈黙を恐れず、
相手の話をしっかり受け止めることに集中し、
相手が話終わってからも、
しばらくはこちらから何も話さないようにする。

そうすると、
相手の方はついつい言わないつもりの本音をポロポロと
話してくれるようになりました。

沈黙を大事にすることで
人間関係が深いものに変わっていったのを覚えています。

「待つ」のは、
簡単にできて、しかも強力な聞き方テクニック。

コミュニケーションでいきづまっている、
なかなかお客様と人間関係が作れない、
という方は、ぜひ実践してみられることをおすすめします。

とは言っても、
慣れないうちは、やはり沈黙は怖いかもしれません。

その場合、心の中で
5秒、ゆっくり数えてから話す、
というような決まりを自分の中に作ってみるのも
ひとつの手だと思います。

慣れてきて、沈黙に対する恐怖が無くなったら
おのずと会話の中の間や沈黙を大事にできるようになるはずです。

沈黙や間を上手く使える人こそ、
真のコミュニケーション上手といえるかもしれません。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

関連記事

  1. 聴くことで人は救われます
  2. 職場の人間関係が仕事に及ぼす影響とは?
  3. 藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?
  4. 3つの「きく」の違いを知ろう
  5. 初の聴き方カウンセラー認定講座を開催します
  6. 複数人の雑談では、ただの聞き役に徹するな
  7. 「何を話すか」の前に、大切なこととは?
  8. 「デキる人」がやってしまいがちなNGな聴き方とは?
PAGE TOP