聴き方

「最低、5秒」

投稿日:2017年4月17日 更新日:

相手が話し終わっても、すぐには話さないこと。
最低でも、5秒は待ってから話すこと。

私が売れない営業マンだった時代、
カウンセラー養成講座に通い始めてから
実践しだしたことの一つが、「待つ」ということです。

余裕のない人というのは、
会話の中の沈黙を気まずいものと感じてしまうものです。
かつての私がそうでした。

何か話さなければと思うあまり、
相手の話をしっかり聞くことをせず、
相手の話の途中で次の質問を考えたり、

「この後どんなことを言えばこの人に響くだろうか」
なんてことを考えたりしていました。

これでは、本当に話を聞いているとは
とても言えませんね。

こちらが何か相手に対して質問をしたとき、
相手が答えてくれた際、すぐにまた話し始めてしまうと、
「ちゃんと話を聴いてくれてない
という印象を残してしまいます。

そんな印象を残してしまうと
せっかく話してくれたのに
次からはろくに本音を話してくれなくなります。

一番言いたいことや本当に伝えたいことというのは、
すべてを話し終えた後に出てくることもあるものです。

沈黙を恐れず、
相手の話をしっかり受け止めることに集中し、
相手が話終わってからも、
しばらくはこちらから何も話さないようにする。

そうすると、
相手の方はついつい言わないつもりの本音をポロポロと
話してくれるようになりました。

沈黙を大事にすることで
人間関係が深いものに変わっていったのを覚えています。

「待つ」のは、
簡単にできて、しかも強力な聞き方テクニック。

コミュニケーションでいきづまっている、
なかなかお客様と人間関係が作れない、
という方は、ぜひ実践してみられることをおすすめします。

とは言っても、
慣れないうちは、やはり沈黙は怖いかもしれません。

その場合、心の中で
5秒、ゆっくり数えてから話す、
というような決まりを自分の中に作ってみるのも
ひとつの手だと思います。

慣れてきて、沈黙に対する恐怖が無くなったら
おのずと会話の中の間や沈黙を大事にできるようになるはずです。

沈黙や間を上手く使える人こそ、
真のコミュニケーション上手といえるかもしれません。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

三つのポジションを意識して話を聞こう

人の話を聞くとき、
人は、三つのポジションのうち
いずれかの態度で聞いています。         ひとつは、第一ポジション。 人の話を聞いていながら、
自分に意 …

複数人の雑談では、ただの聞き役に徹するな

複数人での雑談で、 ずっと同じ人ばかりが話していることって ありませんか? 話の内容が面白ければ それはそれで有意義なのかもしれませんが、 これではコミュニケーションというより、 「独演会」です。 ど …

部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?

部下があまり話してくれない、 社員とのコミュニケーションがいまいちうまくいっていない、 そういう人は、 相手の話を聞く際の質問の仕方に
問題があるかもしれません。 質問は、大きく分けて二種類あります。 …

聴き方を学びたい人へのおすすめ本

こんにちは。黄本恵子です。 今日は、聴き方を学びたい方におすすめの本を2冊ご紹介しますね。   ・「ねえ、私の話聞いてる?」と言われない「聴く力」の強化書 あなたを聞き上手にする「傾聴力スイ …

愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?

愚痴、不満を口にするときの多くは、 周りから「自分の価値を認めてもらっていない」 というストレスが原因です。 ですから、愚痴や不満話を聞くときは、 「あなたは価値のある人間ですよ」 ということが伝わる …