ブログ

はぐらかし病にかかっていませんか?

 

コミュニケーション下手、

人間関係を築くのが下手、
という方は、

「はぐらかし病」にかかってしまっている
可能性があります。

 

 

はぐらかし病の疑いがある方は、
以下のとおりです。

 

・悩み事を相談されたら
「がんばれよ」「お前なら大丈夫だよ」
と励ましてあげる。

・相手が取り越し苦労をしていると思ったときは、
「気にするなよ」「思い過ごしだよ」
と言ってあげる。

・相手が落ち込んでいるときには、
明るい話をして元気づける。

・相手が暗い話をしたら、
ジョークで紛らわしてあげる。

 

当てはまることはないでしょうか?

 

 

「がんばれよ」

励ましたいときに何気なく使ってしまいがちの言葉ですが、

これは相手のつらさや悲しみをじっくり受け取らず
はぐらかしてしまうのです。

 

 

本人は、がんばってがんばって、

がんばった末にあなたに打ち明けたのかもしれません。

 

 

それなのに「がんばれよ」と言われると

「自分ってがんばってないように見えているのか?」

と、さらに落ち込ませたり、
追い込んだりしてしまうことになります。

 

 

「気にするなよ」「思い過ごしだよ」

この言葉は、

「そんな小さいことで悩みだよ」
と

上から目線のニュアンスを感じさせてしまう言葉です。

 

 

落ち込んでいたり暗い話のときに、

明るい話やジョークを言ってあげる。

 

 

これは、

明るい気持ちにさせたいという
意図があってのことかもしれませんが、

「臭いものにフタをしろ」的な対処療法です。

 

 

相手の悩みがそれで消えることはなく、

どんどん肥大していきます。

 

 

「はぐらかし病」にかかっている人は、

相手のためを思ってそうしているだけに過ぎないのですが、

これらの行為は、
あまり相手の役に立つことは少ないんですね。

 

こういった言動を繰り返していると、

相手との心の距離は広がり、

人間関係が希薄なものになってしまいます。

 

 

 

ただじっと相手の話に
口を挟まず、
耳を傾けてあげる。

何か言いたいことがあっても、
ぐっと我慢して、
相手の話を聞く。

これが大切です。

話すということは、
「離す」「放す」ことでもあります。

 

 

ただ心のうちを誰かに打ち明けるだけで、

悩みのかなりの部分が

心から解放されてゆくのです。

 

 

 

 

 

 

98d0e0b35422a06739f0b237b747676e_s

関連記事

  1. 人生を幸せにする叱られ上手
  2. 攻撃的で自己主張の激しい人に困ったときは?
  3. 聞き上手はなぜ得をする?
  4. 型から入って、心がついてくる
  5. 松橋式オウム返し
  6. 興味の持てない話題になった場合の聞き方とは?
  7. 相手が答えやすくなる質問の仕方とは?
  8. ミラーリングの効果的なやり方とは?
PAGE TOP