ブログ

コミュニケーションが苦手な原因とは?

こんにちは。
一般社団法人日本聴き方協会の阿部友洋です。

「初対面の人と何を話していいのかわからない」
「会話をどうやって盛り上げたらいいのか」
「いつも自分がどう見られているのか気になる」

これらの悩みが起こる原因は、自分に「意識の矢印」を向けているためです。
人は、自分のことにしか興味がありません。
さほど、あなたが思っているほど、他人はあなたに興味がありません。

例えば、あなたが最近会った友人の服装を覚えていますか?
ほとんどの人が「覚えていない」と言うでしょう。

また、集合写真で真っ先に探すのは誰でしょうか?
やはり、自分ですよね。
このように、人は自分が思っているより、さほど他人に興味がないようです。

コミュニケーションをとる時、自分に「意識の矢印」を向ける。
すると、他人からどう見られているのか、他人からの評価ばかりを気にしてしまうのです。
結果、コミュニケーションに苦手意識を持ち、ぎこちないコミュニケーションになってしまいます。

●私自身も「意識の矢印」を自分に向けていたことがあります・・・

私自身、セミナー講師という仕事させていただいますが、滑舌があまりよくないと自覚しています(汗)。
そのため、セミナーの当日、口の周りの筋肉を動かして準備をしていきます。

ですが、しっかり準備をしていても、「かむ」ことがあります。
以前の私は「またかんでしまった・・・」と思っていました。

そんな時、セミナー終了後、受講生から言われたことに非常に驚きました。
「阿部さんは滑舌が良いから、とても聞き取りやすかったです!」

私が思っていたことと、まったく逆の印象で捉えられていたのです。
たまたま、その受講生が「滑舌が良くて、聞き取りやすい」と感じたのかもしれません。

ただ、私が「かんだこと」を10年後、覚えている人はいるでしょうか?
おそらく、いないでしょう。
極端な例かもしれませんが、「10年後」ではなく「1年後」または「1週間後」でも覚えている人はいないでしょう。


あなたが思っているほど、人は他人にさほど興味がないようです。

●では、どうすればいいのでしょうか?

「意識の矢印」を話し手に向けることです。

「話し手は何を伝えたいのだろう」
「どんな気持ちでいるのか」
「どんな感情を抱いているのだろう」

「意識の矢印」を話し手に向けることで、他人とのコミュニケーションがラクになります。
自分がどう思われているのか気になったら、「意識の矢印」が自分に向いている証拠です。
「意識の矢印」を話し手に向けましょう。

みなさまが、
「聴く力」で笑い声と笑顔あふれる人生になりますように。
心をこめて。

一般社団法人日本聴き方協会 阿部友洋


★『聴き方カウンセラー2級認定講座』
2時間半で正しい聴き方のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
『聴き方カウンセラー2級認定講座』

 

関連記事

  1. 話が脱線する人に対する、軌道修正の方法とは?
  2. 聞き方を上達させる究極の方法
  3. 相手の言葉を尊重しよう
  4. どんどん質問しよう
  5. 誰でもできる、日本復興策
  6. 型から入って、心がついてくる
  7. 無愛想な人ほどよく買ってくれる理由とは?
  8. 感情が表れる身体のパーツとは?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。