聴き方

トラブルを大きくしない質問術

投稿日:2016年11月10日 更新日:

 

「あなたはもう私のことを愛していないのね」

こう恋人から言われて、
うろたえた経験、ないでしょうか?

何を隠そう私がそうです。

この場合、
「違うよ!愛しているよ!
君のためにいつもいろいろしてるじゃないか!」

とすぐに反論すると、
誤解を深めてしまい、
火に油を注ぐことにもなります。

(何を隠そう私がそうでした。)

 

 

 

 

昨日は、言葉の「一般化」の話をしましたが、

この場合、「あなたはもう私のことを愛していないのね」
という女性の脳では、言葉の「歪曲」が行われています。

ものごとに因果関係や前提を勝手につけて、
自分なりの解釈でものを考えてしまうことを
「歪曲」といいます。

 

 

 

 

「雨が降ったら身体の調子が悪くなる」

「目をそらされたのは、
自分が嫌われているからだ」

「あの人はもう私を愛していない」

などがそうです。

 

 

 

 

このような場面になった場合は、

「どうしてそう思うの?」
「何がそう感じさせたの?」

ということを質問してあげると、
具体的にどんなことで相手が不満を感じているのか
分かりますよね。

 

 

 

 

「そうか、君は僕がもう君のことを愛していないと感じているんだね。

ところで、僕のどういった態度が君にそう感じさせたんだろう?」

 

 

 

 

 

事実にどんな歪みが加えられているのか、

まず把握することが大切です。

 

 

 

 

439549f187596821f605ae72fb352d8f_m

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

コミュニケーションはリアクションで差がつく

話を聞くときは、 自分が思うよりももっと大げさに リアクションをしたほうが良いようです。 セミナーで相槌の練習をしていただくと、 首が少ししか動いていない人がいます。 「もっと首を振らないと、 相手に …

技術職でも大切なコミュニケーション能力

美容師や整体師、マッサージ師などの技術職は 「技術」の腕がすべてだと思いがちですが、 コミュニケーション能力も重要です。 初対面は誰でも緊張しているもの。 それはお客さんも一緒です。 最初のアイスブレ …

愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?

愚痴、不満を口にするときの多くは、 周りから「自分の価値を認めてもらっていない」 というストレスが原因です。 ですから、愚痴や不満話を聞くときは、 「あなたは価値のある人間ですよ」 ということが伝わる …

話題を盛り上げる質問術

あまり親しくない人や、知り合ったばかりの人、 仕事上の付き合いしかない人との雑談では どんなことを話そうか、迷いますよね。 共通点があれば場が盛り上がりますが、 まったく共通点が無い場合もあります。 …

大英帝国の政治家が教えてくれる、良い人間関係を作る方法とは?

『人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。 そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる』 これは、大英帝国時代のイギリスの政治家であり 小説家でもある、 ベンジャミン・ディズレーリの …