聴き方

ペーシングの神髄

投稿日:2017年2月23日 更新日:

話を聞くときには、
「あごの動き」(=うなずき方)は、
とても重要な要素です。

ある実験によると、
あごを動かしてうなずきながら話を聞いたときは、
全くあごを動かさないで聞いたよりも、
相手の発言がなんと48%も増えたそうです。

プロカウンセラーの聞き方の技術で、
相手に身体の動きを合わせて話を聞くことを
「ペーシング」と言います。

相手にあごの動きを合わせるというのは、
最も簡単にできて、おもっとも強力な
ペーシングだと私は思っています。

小刻みに早くあごを動かしながら話す人には、
自分も同じように早くあごを動かしてうなづく。
ゆっくりとあごを動かして話す人には、
自分もゆっくりとした動きでうなづく。

そうするだけで、
相手に、「話を聞いてもらっている」と
感じてもらうことができます。

相手のあごの動きに合わせる、ということは、
「相手をよく観察する」ということです。

相手をよく観察しているということは、
自分に意識が向いていませんね。
相手に意識が向いています。

よく、人の話を聞いているつもりで
自分に意識が向いている人がたくさんいます。

「昨日、ディズニーランドに行ってきてさ

(ディズニーかあ、そういえば最近行ってないな
「あの上司、本当に嫌になっちゃうよ」
(確かに、あいつには僕もさんざん嫌味言われたなあ

たいていの人は、
このように相手の話を聞きながら
自分に意識が向かいます。

これでは本当に話を聞いているとは言えません。
「相手のあごの動きを真似よう」とすると、
なかなか自分のほうに意識が向かいません。

意識の矢印は、相手に向かっています。
相手をよく観察します。

相手をよく観察すると、
今まで見えてこなかったことが
たくさん見えてくるようになります。

これは、ペーシングの神髄と言っても
いいかもしれません。

会話は、言葉だけではなく、
身体でもできます。
シンプルなようですが、
とても強力なテクニックです。

相手の「あごの動き」にぜひ注目して
ペーシングしてみてください。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

リーダーシップは何で決まる?

「リーダーシップのある人」というと、どんな人を思い浮かべますか? みんなを先導する人。 頭の回転が速く、話の上手な人。 能力が他の誰よりも長けている人。 いずれもリーダーシップに大切な能力かもしれませ …

コミュニケーションがうまくなりたいというすべての人へ

「コミュニケーションがうまくなりたい」 と言う人に、その理由を聞いてみると、 「異性と話していても、いつも気の利いたことが言えないから」 「人と話すのが苦手だから」 と答える方がいます。 コミュニケー …

人と接する仕事の人に使ってほしい質問スキル

昨日は、 曖昧な話を明確にするNLPの質問のスキル 「メタモデル」についてお話をしました。 これは、営業職や販売職、接客業の方には ぜひ多用していただきたいスキルです。 たとえば 体の調子が悪くて病院 …

物事の基準は人それぞれ違う。その溝を埋めるには?

お客様とのやり取りや、 上司・部下とのやり取りなどの 仕事でのトラブルは、 「5W2H」を確認しきれていないために 起こるケースが多いようです。 【5W2H】 WHO…誰が WHERE…どこで WHE …

話さなくても話が盛り上がる誰でも使えるテクニックとは?

話を盛り上げるためには、 相手が話したいことをもっと話してもらうために、 「合いの手」が必要です。     ただうなずいて聞いているだけではなく、   「へえ~!」 「な …