聴き方

ミラーリングの効果的なやり方とは?

投稿日:

今回は、
ペーシングの中でよく使われる
「ミラーリング」というテクニックについて
お話しします。

ミラーリングは、姿勢や、身振り手振りを
相手に合わせて動かすことを言います。

ちょうど鏡に映ったように、
自然と合っている状態のことを言います。

相手と自分の姿勢や身体の動きが似ていると、
心が通じ合い、
自然と話がスムーズに流れるようになります。

たとえば、
相手が足を組んだら、自分も組む。

相手がお茶を飲んだら、
自分もお茶を飲む。

このような動作が
ミラーリングです。

ただ、ミラーリングを使ってペーシングをする際は
注意しなければならないことがあります。

あまりに同じ動きだと、
かえって不自然になる、ということです。

私は、ミラーリングを覚えたてのとき、
営業で使ってみたのですが、
あまりに同じように動き過ぎて、
不信がられたことがあります。

当初、私が下手すぎたのもありますが、
「馬鹿にしてるのか!?」
と言われたこともあります。(泣)

不自然にならないようにするには
次のようにするといいでしょう。

——————————–

①相手より動作を小さくする

②時間をずらす

③部位を変える

——————————–


①相手より動作を小さくする

相手が両手を広げて
「すごいびっくりしたんですよ」

という動作をしたとしたら、
それを
指で小さく表現します。

サイズや動作を相手より小さくすることで
真似されたような気がしなくなります。

②時間をずらす

相手が動作を示した一拍後ぐらいに
同じ動作をします。
相手が、

「これぐらいの宝石をもらって

と、ジェスチャーをしたら、
まったく同じタイミングでするのではなく、
少し遅らせるのです。

時間を遅らせることによって、
確認の意味も生まれるので
相手は「話をちゃんと聞いてもらっているな」
と感じます。

③部位を変える

相手が腕を組んだら
こちらは軽く指を組む、
といった感じです。

左手を上げたら、
右手を上げる、
など、使っている身体の箇所を
変えてみることでも
ミラーリングの効果はじゅうぶん得られます。

ミラーリングは、
難しいように思えるかもしれませんが、
実は私たちは普段から無意識にやっています。

相手とほぼ同じタイミングで
飲み物・食べ物に手を出してしまった、
という経験は少なからずあるでしょう。

相手と仲良くなりたい、
親密になりたい、
と思っていると

自然にできていることも、
あるものです。

ペーシングにおいて、
一番大切なのは
「相手の心に寄り添う気持ち」です。

そこを忘れずに持っておくと、
最初は不自然でも、

そのうち自然に、コミュニケーションの技術が
活かされるときが、
きっとやってきます。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業の明暗を分けるあいづちのバリエーションとは?

電話営業の経験も長く、 電話アポインターの指導の依頼を受けることもありますが、 成績のいい人とそうでない人は、 ほんの五分ほど、 電話の様子観察をしているだけで
分かります。 アポイントが下手な人は、 …

話を聞くときに注意したい体の使い方とは?

人の話を聞くとき、 顔はその人のほうを向いているけれど 体は机やテーブルと向きあったまま、という方がいます。 相手に「あなたの話を聞いていますよ」 「あなたに興味がありますよ」 ということを示すには、 …

『聴き方体験会』開催決定!!!

★『聴き方体験会』詳細はこちらをクリック。 【特典①】 申し込みフォームのコメント欄に、 『阿部友洋のLINE@、メルマガ、Facebook、Twitterを見て申し込み』 と入力された方限定で! 一 …

聞き上手は、過去を振り返らない

会話の最中、 「さっきの発言はまずかったかな…」 「あの人、なんか不機嫌になった気がするけど、 自分の言ったことが原因かな…?」 このように 自分が言った言葉や、話の内容を気にしてしまうことって、 あ …

営業マンの雑談は最後が勝負

営業マンは、 目の前の相手が何を求めているのか、 どういう状態を望んでいるのか、 話を聞いて、 ニーズを探り出さなければいけません。 とは言うものの、 人間関係が出来ていない間柄では 人はなかなか本音 …