聴き方

人と接する仕事の人に使ってほしい質問スキル

投稿日:2016年12月4日 更新日:

昨日は、
曖昧な話を明確にするNLPの質問のスキル
「メタモデル」についてお話をしました。


これは、営業職や販売職、接客業の方には
ぜひ多用していただきたいスキルです。

たとえば
体の調子が悪くて病院に行ったとしましょう。

そして、
「最近なんだか熱っぽいし、体がだるいんです」
と症状を訴えます。

その際、
「それは風邪ですね」
と言ってすぐ薬を処方する医師と、

「最近というのは、いつぐらいからですか?」
「体がだるいうというのは、具体的にはどんな具合なんでしょう?」

という風に、いろいろ質問した上で診断してくれる医師だったら、
どちらの医師のほうが信頼できそうでしょう?

私なら、後者の医師のほうが
信頼できます。

恐らく多くの方が、
後者の医師のほうが印象が良いと感じたのではないでしょうか。

後者のように質問をされることで
自分でも気づかなかった症状に気づくことができますし、

他の誰でもない、「自分」にちゃんと向き合ってくれていると思うからです。

同じように、
人と接するお仕事に携わっている人は、
もっと積極的にお客様・顧客に
質問をしていくことが大切です。

質問をすることで、
お客様自身も自覚していなかったニーズが浮き彫りになり、
より商品への購入意欲をかきたてることができます。

(自己啓発系の営業)
「なんとなく今のままじゃダメだなあって、
ちょっと焦っていて」

「なるほど、焦っていらっしゃるんですね。
具体的に、日常生活でどういうところがダメだなあと
感じていらっしゃるんですか?」

(衣服の販売)
「なんとなく、もうすぐ季節が変わるし、
気分を変えたくて」

「なるほど。たとえば、どんな気分にしたいなあ~、
って思います?」

(美容院の接客)
「髪質が気に入らないんですよ」

「髪質ですか。特に、どんなところが気に入らないって
感じます?」

意識して人の話を聞いていると、
曖昧な話がいかに多いかに気づくと思います。

曖昧な話を明確にする質問スキルを使うことで、
他の人より一歩も二歩もリードした人間関係を
築くことができるようになります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

439549f187596821f605ae72fb352d8f_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

職場の人間関係が仕事に及ぼす影響とは?

セミナーやカウンセリングをやっていて、 一番多く受ける悩み相談は、 上司や、職場の人との人間関係です。 自分を分かってもらえない。 つまり、話をきちんと聞いてもらえず、 認めてもらえない。 ほめてもら …

親密な関係を作る質問術

「最近なんだか何をやってもうまくいかなくて」 「会社の上司たちみんな自分のことを分かってくれなくて」 「いろいろストレスがあって大変だよ」 会話の際、 このようなボヤっとした、曖昧な話をされることって …

話を聞くときに大切なゼロポジションとは

部下の話を聴いているとき、 パートナーの話を聴いているとき、 家族や友人など身近な人の相談を受けているとき、 こんな風に思ってしまうことはありませんか? 「これはきっとこういうことだろう」 「この話は …

「何を話すか」の前に、大切なこととは?

「何を話したらいいか、分からないんです」 このような相談を、よく受けます。 自分のことを、 コミュニケーションが苦手だ、下手だ、 と思っている人は、 「何を話せばいいだろう?」 ということに意識が向い …

話を聞くときの「目」「鼻」「口」の使い方

人の話を聞くときは、顔の表情も大切です。 言葉よりも、 仕草や表情などのボディランゲージのほうが 「伝える力」が強いからです。 ちゃんと話を聞いているのにも関わらず、 「ちゃんと話聞いてくれてる?」 …