相手の話を聞いていて、
相槌を打つとき、
「否定語」を使う人がいます。

・「いや~」
・「うそー」
・「まさかー」
・「本当に?」

こんな言葉、
相槌で使っていませんか?

本人は単なる癖で、
無意識に言ってしまっているのですが、
これらの言葉は相手を不快にさせている場合があります。

聞き方を学ぶ以前の私もそうでした。
相手の話を否定するつもりは一切ないのに、
口癖で言ってしまうのです。

「駅の近くにできたお蕎麦屋さん、すごく美味しかったよ」
「いや~、俺も食べたけど確かにうまいよな」

こういう言葉が会話の癖になっている人は、要注意。
次のように肯定語を使った相槌で
会話するようにしましょう。

「駅の近くにできたお蕎麦屋さん、すごく美味しかったよ」
「そうそう、俺も食べたけど確かにうまいよな」

否定語の相槌が会話で多い人は、
肯定語の相槌にすることで
会話が明るい方に進み、

「あの人と話していると楽しいな」
と思ってもらえます。

 

4eaf9959d89372f48d31319deb5d6949_s