体の使い方を意識しよう

・会話のとき、
気の利いた返事をできなくて悩んでいる。

・相手の言葉に対して、
どうリアクションすればいいかよく分からない。

・どうしても表情が固い。
・ちゃんと話を聞いているつもりなのに、
誰かに「ちゃんと話を聞いてるの?」と言われたことがある。

そういう方は、『体の使い方』を意識して
話を聞いてみましょう。

たとえば、驚いたときは、
軽く体を後ろに反らせる。

嬉しい気持ちのときは、
相手の方を軽く叩いたり、
ガッツポーズをする。

悲しい感情や寂しい感情を出すときは、
肩を落として視線を落としたり、
口元に手を当ててみる。

コミュニケーションでは、
何を言ったかというのは、それほど重要ではありません。
「どのように言ったか」が重要なのです。

コミュニケーションにおいて、
何が一番相手に影響するか?を調べた実験結果があります。
「メラビアンの法則」です。

メラビアンの法則によると、
言葉が与える影響は、なんとわずか『7%』。
次に、声のトーンやテンポが『38%』
そして相手に一番影響するのが、
ボディランゲージで、『55%』を占めているのです。

ボディランゲージには、
顔の表情なども含まれています。
笑顔で話しかけられるのと、
むっつりした顔で話しかけられるのでは、
相手に対する印象がまったく違いますよね。

表情を豊かにすることもとても大事ですが、
どうしても表情が作れない
無理して作ろうと思うとひきつってしまう
という方は、

まず体の使い方から変えてみられては
いかがでしょうか?

体が動くと、表情も自然に緩んでくるものです。
しかめっつらでガッツポーズはできないですよね。

相手の話を聞くのに、
気の利いた一言を無理に考える必要ありません。
それよりも、体を使って、
相手の話を聞いていることを伝えていきましょう。

そのほうが、相手に「話を聞いてもらっているな」と
感じてもらうことができますよ。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です