使わない方がいい相槌とは?

会話の際の相槌は、
相手に「あなたの話をちゃんと聞いているよ」
というメッセージを無意識に伝えます。

相槌をたくさん打つようにすると、
会話も弾むし、相手からの信頼も得られます。

ですが、あまり言わない方がいい相槌もあります。
それは、「わかる」という相槌。

例えば、
「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られちゃって
落ち込むよ」
「ああ、わかるよ。大変だったな」

よくあるような会話ですよね。
これは一見、「共感」しているように見えますが、
どう思いますか?

「共感」というのは、相手と同じ感情を抱くことではありません。
「共感」とは、「相手のことをしっかり受け止める」ことです。

実質、私たちは生きていて、
全く同じ状況になることって、無いと思うんです。

似たようなことは経験するかもしれませんが、
育ってきた環境も違うし、性格も状況も違います。

いくら似たような状況だったとしても、
その人と全く同じ感情を抱くというのは無理なのです。

想像力を働かせて、
相手の気持ちになって考えることは大切です。

それでも「わかる」という言葉を安易に使うと
ほんとに分かるの?」という不信感や、
「あなたに何がわかるのよ」という反発心を、
相手の心に芽生えさせる可能性もあります。

相手が深刻な話をしているときや、
悩みを打ち明けているときは、
特に、「わかる」という相槌は
打たない方がいいでしょう。

オウム返しをしてあげたり、
「もっと詳しく聞かせて」と言ってあげたほうが
共感の姿勢を相手に示すことができます。

「あなたに起こっているのはこういうことなんだね。
気持ちを完全に理解することはできないかもしれないけど
あなたに起きたことはきちんと受け止めるし、

あなたのことを尊重しているよ」
そういう気持ちで聞くことが、
相手にとって何よりの救いになります。

 

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です