聴き方

使わない方がいい相槌とは?

投稿日:

会話の際の相槌は、
相手に「あなたの話をちゃんと聞いているよ」
というメッセージを無意識に伝えます。

相槌をたくさん打つようにすると、
会話も弾むし、相手からの信頼も得られます。

ですが、あまり言わない方がいい相槌もあります。
それは、「わかる」という相槌。

例えば、
「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られちゃって
落ち込むよ」
「ああ、わかるよ。大変だったな」

よくあるような会話ですよね。
これは一見、「共感」しているように見えますが、
どう思いますか?

「共感」というのは、相手と同じ感情を抱くことではありません。
「共感」とは、「相手のことをしっかり受け止める」ことです。

実質、私たちは生きていて、
全く同じ状況になることって、無いと思うんです。

似たようなことは経験するかもしれませんが、
育ってきた環境も違うし、性格も状況も違います。

いくら似たような状況だったとしても、
その人と全く同じ感情を抱くというのは無理なのです。

想像力を働かせて、
相手の気持ちになって考えることは大切です。

それでも「わかる」という言葉を安易に使うと
ほんとに分かるの?」という不信感や、
「あなたに何がわかるのよ」という反発心を、
相手の心に芽生えさせる可能性もあります。

相手が深刻な話をしているときや、
悩みを打ち明けているときは、
特に、「わかる」という相槌は
打たない方がいいでしょう。

オウム返しをしてあげたり、
「もっと詳しく聞かせて」と言ってあげたほうが
共感の姿勢を相手に示すことができます。

「あなたに起こっているのはこういうことなんだね。
気持ちを完全に理解することはできないかもしれないけど
あなたに起きたことはきちんと受け止めるし、

あなたのことを尊重しているよ」
そういう気持ちで聞くことが、
相手にとって何よりの救いになります。

 

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

唐突な質問の意図

雑談や普段の何気ない会話において、 今までの話の流れと違う質問を相手から唐突にされる場合って ありますよね。 例えば、最近行った新しいお店の話をしていたのに、 「ところで話は変わるけど、 今の新しい部 …

超カンタンにできて、超強力な聞き方のテクニックとは?

人の話を聞くときに大事なのが、 「顎の動き」です。 顎の動き次第で、 相手の話す意欲を高めたり、奪ったりします。 ある実験によると、 顎を動かして相槌を打ちながら話を聞いたときは、 全く顎を動かさない …

話さなくても話が盛り上がる誰でも使えるテクニックとは?

話を盛り上げるためには、 相手が話したいことをもっと話してもらうために、 「合いの手」が必要です。     ただうなずいて聞いているだけではなく、   「へえ~!」 「な …

no image

「聴き方」で得られるもの

こんにちは、レイです。 「一般社団法人 日本聴き方協会」では「聴き方講座」を定期的に開催していますが、受講された方々は「聴き方」の重要性をすでに感じていて、次のような目的で参加されています。 職場の円 …

悩み事を聞くときに言ってはいけない言葉とは?

人から何か悩み事を打ち明けられた時、 このような言葉をかけたことはありませんか? 「がんばれよ」 この言葉は、励ましたいと思ったときに 何気なく使ってしまいがちな言葉です。 しかし、「がんばれよ」と言 …