聴き方

前置きが長い話にはどう対処する?

投稿日:2017年2月15日 更新日:

だから、結局何が言いたいんだ!?」
前置きが長く、なかなか結論が出ない話に
イライラした経験がある方も多いと思います。

かくいう私も、かつてはそうでした。
心理学や聞き方の技術を学ぶまでは、
前置きの長い話を聞くのが
大嫌いでした。

忙しいときなど、
後輩や部下の話かけてきたら、
「結論から先に言ってよ!」
「だから、結局何が言いたいの!?」
と、ろくに話も聞かずに行っていたものです。

今思えば、ひどい上司でした

もともと、
日本人は「結論から話す」という話法に
慣れていません。

話し方の癖として、
もともと前置きが長い人もいます。

そういう部下や後輩には、
ビジネス上の話し方の基本を
教えてあげる必要があるでしょう。

しかし、
前置きが長い話というのは、
「しなければならないが、したくない話」
の場合が多いのです。

こういう話は、話さねばと思うものの
なかなか本題を切り出せません。

「こんなこと言ったら、
怒られるだろう」
「嫌われるかもしれない」
話している最中、いろんな不安が心に
渦巻いています。

特に、目上の人が相手の場合は、
余計に萎縮してしまうものです。
このような場合は、聞き手の態度が重要になります。

聞き手が
「あなたの言いたいことをちゃんと受け止めるよ」
という態度で、親身になって聞くことで
本当に言いたいことをスムーズに導き出すことができます。

「結論から先に言え!」
「だから言いたいことは何だ!?」
と言われたら、
そのときは言うかもしれません。

しかし、次からは
相談しなくなる可能性が
高くなるでしょう。

前置きが長い話の場合は、
「何か本当に言いたいことがあるんだな」
と思って聞いてみましょう。

そうすれば、おのずと聞く態度も
変わってくるものです。

こちらの聞く態度が整えば
話し手は自ら話してくれるようになるはずです。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話の中断にご注意

人の話を聞くときは なるべく中断されないような環境で 行うほうがいいのですが、 日常生活では、 そういうわけにはいかないときもありますね。 飲食店ではこちらの話の盛り上がりに関係なく 食べ物ができれば …

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

営業マンの雑談は最後が勝負

営業マンは、 目の前の相手が何を求めているのか、 どういう状態を望んでいるのか、 話を聞いて、 ニーズを探り出さなければいけません。 とは言うものの、 人間関係が出来ていない間柄では 人はなかなか本音 …

話を聞くときに注意したい体の使い方とは?

人の話を聞くとき、 顔はその人のほうを向いているけれど 体は机やテーブルと向きあったまま、という方がいます。 相手に「あなたの話を聞いていますよ」 「あなたに興味がありますよ」 ということを示すには、 …

曖昧な話を明確にするメタモデルとは?

「いろいろとストレスがあって最近飲み過ぎちゃうんですよ」 「ここのところ何をやってもうまくいかないなあ…」 「みんな自分のことを使いやすい便利屋さんみたいにしか 思ってないんだろうなあ」 雑談の際、こ …