ブログ

問題解決を促す質問をしてみよう

「最近なんだかすべてのことがうまくいってなくて」
「なんかずっと調子が悪い状態が続いてて」
「職場の人間関係がうまくいかなくて」

悩み相談や愚痴を受けるとき、
このような曖昧な話をされることって多いと思います。

「そうだよな、いろいろ大変だよな」
と同調するのも良いですが、

相手ともっと深い関係を築きたい、
相手の心ともっと関わっていきたいという場合には、
次のような質問をしてみましょう。

「すべてのことって、具体的にはどんなことが
うまくいってないと感じるの?」
「ずっと調子が悪いって、大体いつごろから?」
「職場の人間関係って、具体的には誰と?」

みんな”“すべて(全部)”“なんだか
のような表現を使うとき、
言っている本人も実は問題の本質を自分で把握できていないことが多いの
す。

そのようなとき、
問題が具体的になるような質問をしてあげることで、
問題の本質に近づき、解決の手助けができます。

何か一つの出来事がきっかけで気分が落ち込み、
被害妄想に入ってその他の出来事もうまくいってない気がするだけかもしれない。

実際に問題があるのは、ある特定の人物との関係だけなのに、
無意識に「みんな」とひとくくりにしてしまっているだけかもしれない。
そんなことって、実はとても多いんです。

「具体的には、どんな?」
「みんなって、誰?」
「それはいつぐらいから?」

このような質問は、
自分でも気づいていない心の奥に入って行く質問なので、
すぐには答えられない事のほうが多いです。

「うーん、なんだろうな
分かんないや」
「うーん、なんか、誰かって言われるとわかんないけど、
とにかく『みんな』なんだよ」

このように答えられることも多く、
話がそれ以上進まないこともあるでしょう。

でも、質問はずっと心に残ります。
後の方になって、
「そういえば」と、

問題の本質や解決の仕方が見えた、
ということが出てきます。

「ただの被害妄想だったな」
と、本人自ら気づくきっかけになることもあります。

「お前もいろいろ大変だよな」
「かわいそうにな」
と返答するだけでなく、

相手のことを思うなら
このような具体化する質問で
問題解決のお手伝いをしてあげましょう。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

関連記事

  1. 相手の気づきを促す傾聴の技術とは?
  2. 感情が表れる身体のパーツとは?
  3. 話を聞くときに大切なゼロポジションとは
  4. 相手に心地いいと思ってもらえる「目線のペーシング」とは?
  5. 相手と心を通い合わせる目線の使い方とは?
  6. 相手の話に口を挟みたくなったときは?
  7. 嫌われる聞き方って?
  8. 体の使い方を意識しよう
PAGE TOP