聴き方

営業の明暗を分けるあいづちのバリエーションとは?

投稿日:2016年11月3日 更新日:

電話営業の経験も長く、
電話アポインターの指導の依頼を受けることもありますが、
成績のいい人とそうでない人は、
ほんの五分ほど、
電話の様子観察をしているだけで
分かります。

アポイントが下手な人は、
あいづちが
「はい」「そうですか」
ぐらいしか使っていません。

一方、
成績の良い人というのは、
あいづちのバリエーションが豊富です。

あいづちも、表現力の一種です。
電話は、顔の表情やボディランゲージが使えません。

「あなたの話を聞いていますよ」
ということを示すには、
声でしか表現できないのです。
だから、
なおさら
あいづちのバリエーションの豊富さが
営業の明暗を分けるのです。

「はい」のみの受け答えだと、相手に、
「本当に自分の話を聞いているのかなあ?」
「この人と話していてもなんかつまらないなあ」
と思われる可能性が高くなります。

バリエーションを増やすコツは、
「ハ行」です。
「はあ~」
「ひぇ~」
「ふ~ん」
「へえ~」
「ほぉ~」
ハ行で受けると、
感嘆して息が漏れる感じになります。

音が立っていないので、
あいづちとしては緩やかで感情を伝えやすいのです。

驚いた感じで自分の話を聞いてもらえると、
人は誰でもテンションが上がり、
もっと話したくなるものです。

他に、「ええ」というあいづちも
使えます。
親しい間柄なら、
「うん」も使っていいでしょう。

人間関係作りが上手い人を観察すると、
あいづちのバリエーションが実に豊富です。

あいづちは無意識にしているものですから、
ここを気を付けてみるだけでも
相当の聞き上手になれるでしょう。

15ef734ca894cfd7967ca6407b4c5ed8_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話の横取りにご注意

人の話を聞いていて、ついやってしまいがちなのが、 「話の横取り」。 「そういえばこの前私も…」 「それで思い出したんだけど…」 「分かるわ。私も実はね…」 自分が話しているときに、 このように話を途中 …

人を動かす人になるには?

あなたの身近にいる、 「尊敬する人」を思い浮かべてみましょう。 今現在、見当たらなければ、 過去に出会った人でもけっこうです。 それは、 自分の勤める会社の経営者であったり、 職場の上司であったり、 …

人を知らないうちに不愉快にさせている相槌とは?

相手の話を聞いていて、 相槌を打つとき、 「否定語」を使う人がいます。 ・「いや~」 ・「うそー」 ・「まさかー」 ・「本当に?」 こんな言葉、
相槌で使っていませんか? 本人は単なる癖で、 無意識に …

デキル部下と思ってもらえる聞き方とは?

上司から信頼される部下になるためには どうすればいいのでしょう? 企業が求めている人材で、 必ずといっていいほど挙げられる能力が、 「コミュニケーション能力」です。 コミュニケーション能力というと、 …

愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?

愚痴、不満を口にするときの多くは、 周りから「自分の価値を認めてもらっていない」 というストレスが原因です。 ですから、愚痴や不満話を聞くときは、 「あなたは価値のある人間ですよ」 ということが伝わる …