聴き方

営業マンの雑談は最後が勝負

投稿日:2017年3月9日 更新日:

営業マンは、
目の前の相手が何を求めているのか、
どういう状態を望んでいるのか、

話を聞いて、
ニーズを探り出さなければいけません。

とは言うものの、
人間関係が出来ていない間柄では
人はなかなか本音を打ち明けません。

ましてや、「営業マン」との会話となると、
なおさら警戒心が強くなります。

それゆえ、
営業マンはお客様との人間関係を構築するために、
雑談などをして、お互いの緊張を和らげる工夫をします。

営業の際の雑談というと、
本題に入る前、出会ったときに行うという方は多いのですが
別れ際の雑談を大切にしているという方は、少ないようです。

最初のアイスブレイクはもちろん肝心ですが、
別れ際の雑談も、実はけっこう大切です。

交渉や打ち合わせを終え、資料を鞄にしまい、
席を立ったときこそ
お客様の本音が見えるチャンスだったりします。

別れ際に雑談をしていると、
「いやあ、今日の話、私はすごく良いと思うんだけど、
上がちょっとねえ。最近経費に厳しくなってるから」
と、ポロリと言うことがあります。

これは次回に繋がる大きなヒントです。
次回はその上司を説得するような資料を作ったり、
もしくは直接その上司にアタックしてみるということが
できるわけです。

また、プレゼンの最中、
まだ打ち解けて話せている感じじゃないな、
警戒心がまだ解けていないようだ、

と感じたお客様に、
「そういえば、さっき、このようにおっしゃってましたけど
と、オフィスを出る別れ際に、
一番気になることを訊いてみる、という手もあります。

そのときはもうずいぶん緊張や警戒心が薄れていますから
つい本音を言ってくれる可能性は高くなります。
緊張が一番解けるときというのは、
やはり濃密な会話を繰り広げた最後です。

鞄に資料をしまってからも気を抜かず、
アンテナをオンにしておきましょう。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

最も強力なペーシングとは

◆「人は自分に似た人が好き」な法則 面白いことに、夫婦や恋人、仲のよい友人同士などは 趣味や価値観だけでなく、 ちょっとした仕草や話すスピード、 首の振り方なども似ていたりします。 血も繋がっていない …

聞き上手への道

落ち込んでいるときや、 悩んでいるとき、 あなたならどんな人に相談したいと思いますか? パソコンやスマホをいじりながらの「ながら聞き」や、 目を合わさないで話を聞かれたり、 話を最後まで聞かず意見を言 …

話がうまい人の大事にしていることとは?

コミュニケーション心理学の講師、 営業の講師として、 さまざまな方に教える機会をいただいていますが、 「話がうまい」人ほど、 聞き方の重要性を知っているようです。 話が下手、うまくない人というのは、 …

話を途切れさせない秘策とは?

披露宴やパーティなどで初対面の人と同席した際、 相手の方無口だったりして、 会話がなかなか盛り上がらないときがありますよね。 自分「今日はどちらからいらしたんですか?」 相手「青森です」 自分「へえ~ …