聴き方

営業マンの雑談は最後が勝負

投稿日:2017年3月9日 更新日:

営業マンは、
目の前の相手が何を求めているのか、
どういう状態を望んでいるのか、

話を聞いて、
ニーズを探り出さなければいけません。

とは言うものの、
人間関係が出来ていない間柄では
人はなかなか本音を打ち明けません。

ましてや、「営業マン」との会話となると、
なおさら警戒心が強くなります。

それゆえ、
営業マンはお客様との人間関係を構築するために、
雑談などをして、お互いの緊張を和らげる工夫をします。

営業の際の雑談というと、
本題に入る前、出会ったときに行うという方は多いのですが
別れ際の雑談を大切にしているという方は、少ないようです。

最初のアイスブレイクはもちろん肝心ですが、
別れ際の雑談も、実はけっこう大切です。

交渉や打ち合わせを終え、資料を鞄にしまい、
席を立ったときこそ
お客様の本音が見えるチャンスだったりします。

別れ際に雑談をしていると、
「いやあ、今日の話、私はすごく良いと思うんだけど、
上がちょっとねえ。最近経費に厳しくなってるから」
と、ポロリと言うことがあります。

これは次回に繋がる大きなヒントです。
次回はその上司を説得するような資料を作ったり、
もしくは直接その上司にアタックしてみるということが
できるわけです。

また、プレゼンの最中、
まだ打ち解けて話せている感じじゃないな、
警戒心がまだ解けていないようだ、

と感じたお客様に、
「そういえば、さっき、このようにおっしゃってましたけど
と、オフィスを出る別れ際に、
一番気になることを訊いてみる、という手もあります。

そのときはもうずいぶん緊張や警戒心が薄れていますから
つい本音を言ってくれる可能性は高くなります。
緊張が一番解けるときというのは、
やはり濃密な会話を繰り広げた最後です。

鞄に資料をしまってからも気を抜かず、
アンテナをオンにしておきましょう。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言葉の「省略」「一般化」「歪曲」

◆言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 私たちは、言葉を使う際、 過去の体験から引き出して使います。 その際、脳では、 言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 が行われています。 言葉によるミス・コミュニケーシ …

男性に聞き下手が多い理由は?

あるセミナーで、 相手と目を見つめ合う実習をしたことがあります。 何も言葉を交わさず、 ただ見つめ合うのです。 初めて経験したときは、 挙動不審状態でした。 まばたきや呼吸が早くなり、冷や汗でびっしょ …

職場の人間関係が仕事に及ぼす影響とは?

セミナーやカウンセリングをやっていて、 一番多く受ける悩み相談は、 上司や、職場の人との人間関係です。 自分を分かってもらえない。 つまり、話をきちんと聞いてもらえず、 認めてもらえない。 ほめてもら …

雑談を成功させる二つのコツとは?

雑談は、 「いかに話すか」よりも 「いかに聞くか」に焦点を当てることが大切です。 会話の際、 一番好印象を与える会話の割合は、 自分30%・相手70%なのだそうです。 人と話す時間が10分ぐらいだとし …

大英帝国の政治家が教えてくれる、良い人間関係を作る方法とは?

『人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。 そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる』 これは、大英帝国時代のイギリスの政治家であり 小説家でもある、 ベンジャミン・ディズレーリの …