聴き方

好感度が上がる聞き方の技術とは?

投稿日:2016年11月8日 更新日:

 

相手の言ったことをそのまま繰り返す
「オウム返し」。

NLPでは「バックトラック」と言われます。

聞き方の基礎で、
私の聞き方セミナーでも
必ずと言っていいほど実習をしています。

 

 

 

 

「あなたの話を聞いていますよ」
ということを示すには、
オウム返しが有効です。

ただ相手が言った言葉を繰り返すことで、

“自分の話をちゃんと受け止めてもらっている”
“自分のことを理解してくれている”

と感じさせることができます。

 

 

 

 

オウム返しは、
相手の言った言葉をそのまま繰り返すのが基本です。

「昨日部長に怒られて、
本当に最近仕事が辛いよ」

「へえ、叱られたんだ。それはしんどいよね」

このように、

“怒られた→叱られた”

“辛い”→“しんどい”

などと、自分の言葉に言い換えてはいけません。

 

 

 

 

人それぞれ言葉の持つニュアンスは違います。

自分にとって同じ意味だと思っても
相手にとっては微妙に意味が違う可能性があります。

勝手に言い換えてしまうことで、
「あの人と話していてもなんだかうまくコミュニケーションが取れないな」
と思われたり、
相手の話す気を削いでしまったりするのです。

 

 

 

 

 

相手の言葉をそのまま返す
オウム返しを心がけることで、
自分も相手の話の内容をよく理解できるようになります。

 

 

 

 

営業でのお客様とのトークや、
上司との会話、
恋人や意中の異性との会話など、
普段からぜひ活用していってほしい
聞き方の一つです。

 

 

 

 

きっとあなたに対する好感度が上がること

間違いないですよ。

 

 

 

9d06d89715aec684f45ad2bff1a708b3_m

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

広げよう聞き上手の輪

以前、電車の中でとても微笑ましい光景を目にしました。 私の向かい側に座る、中学生ぐらいの女の子と、小学生の男の子。 顔が似ていたので、おそらく姉弟だと思います。 弟に対して、今日学校で起きた出来事など …

聞き上手になりたければ内容や情報にこだわるな

仕事の報告や、 指示を受けたときは、 「5W2H」をしっかり確認して 話を聞く必要があります。 「誰が、どこで、いつまでに、 何を、なぜ、どのように、どのぐらい」 これらの情報をできるだけ明確にしてい …

「聴き方インストラクターコース」を開催!

10/15-16の2日間、 一般社団法人日本聴き方協会、 「聴き方インストラクターコース」を開催! メイン講師として、 全てのカリキュラムを 担当させていただきました٩( ‘ω&#8217 …

相手と心を通い合わせる目線の使い方とは?

「会話をしているときは
どこを見たらいいですか?」 こういった質問をいただくことがあります。 人の話を聞くとき、 目線はどうしたらいいか?
悩む方は多いようです。 対面で話をする時、 一般的には、 「 …