怒っている人との対話は

怒っている人と対話するとき、
いくら自分が正しいと思っても、
意見や反論は避けるべきです。

言い訳や弁解も、ついついしたくなりますが、
まずはぐっと押さえましょう。

意見・反論・言い訳・弁解は
火に油を注ぎ、話がこじれたり関係が悪化することのほうが
圧倒的に多いのです。

まずは、怒っているその人の話に、
耳を傾けましょう。

その際、相手が早口で話す人なら、自分も早口で相槌を。
相手が高い声で話す人なら、自分も高い声で相槌を。

相手と声のトーンやテンポを合わせる「ペーシング」の技術を使うことで、
より相手に「あなたの話を受け止めていますよ」という姿勢が伝わります。
 

そうすることで、怒り心頭だった人の気持ちは、
じょじょに落ち着いて冷静になってきます。

意見や反論、言い訳や弁解は、
相手の話が静まり、
「あなたの話を聞こう」という気持ちになってからです。

もしかしたら、
その日のうちには怒りは治まらないかもしれません。
場合によっては数日続く場合もあるでしょう。
それでも永遠に続くことはありません。

あなたの話を聞こうとする態度が伝われば、
たいてい、怒りの火は消えて、
相手の話も聞こう、という気になるものです。

人間関係は鏡です。
まずは自分から「受け取る姿勢」を忘れずにいくと
きっと状況は好転します。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

129bb23451d7b6c4a56f157b18b25d2a_s

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です