悩み事を聞くときに言ってはいけない言葉とは?

人から何か悩み事を打ち明けられた時、
このような言葉をかけたことはありませんか?

「がんばれよ」
この言葉は、励ましたいと思ったときに
何気なく使ってしまいがちな言葉です。

しかし、「がんばれよ」と言われて
励まされて、「よし、がんばろう!」と思える人の方が
少ないのをご存知ですか?

「がんばれよ」は、相手のつらさや悲しさなどの気持ちを
じっくり受け取らずにはぐらかしてしまう言葉なのです。

カウンセリングの勉強をし始めたとき、
この言葉は使ってはいけないということを教えてもらいました。

なぜなら相談者は、
がんばってがんばって、がんばった末に相談しに来ているのです。

それなのに、「がんばれ」というような言葉を言ってしまうと、
「自分ってがんばってないように見えるんだ
「これ以上何をがんばればいいんだろう?」

と、相手を落ち込ませたり、
さらに追い詰める原因になってしまうことになります。
ただ話をじっと聞く。

これだけで人の心はずいぶんと軽くなるものです。
励ましの言葉やアドバイスを言ってあげなくちゃ、
と思う必要はありません。

相手の胸にたまった辛いことやモヤモヤ、悩みを
すべて吐きだせるように、
ただ相手の心に寄り添い、話をじっくり聞く。

これだけで、人は前を向き
立ち上がる力を取り戻せるのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です