聴き方

悩み相談のタブーとは?

投稿日:

以前、カフェで執筆作業をしていたときのこと。
20代ぐらいの男女が私の席の隣に座りました。

10分ぐらいの雑談の後、
女性が男性に、上司や会社に対しての愚痴を
マシンガンのように話し始めました。

「ねえ、聞いてよ!こんなことがあったのよ。
まったくあの人って、いつも
ねえ、そう思わない?」

そのときの男性の聞き方は、
足を組んで、身体の位置は、女性の正面ではなく斜め。

男性はたまに相槌を入れるかと思うと、

「それってこういうことじゃないですか?」
「そういうときはこうすればいいんですよ」
「要するに

と、訊かれてもいないのに自分の意見や、
一般論などを用いて解決策を提示します。

すると、
女性の怒りは修まるどころか、
「でもさ」
「だって」
と、その後も怒りをあらわに話し続けます。

そのうち、
「もうこの話はいいわよ
と、疲れ気味に話をし終えます。

たくさん話したのに、
ちっともすっきりしていない、
反対にまたストレスがたまった、
という感じでした。

この女性は、もう二度とこの男性には
悩み事などは打ち明けないのでは、
と私は思いました。

この場合、女性は相手の意見や解決策を聞きたいわけではなく、
自分の気持ちを受け取ってもらいたかっただけなのです。
自分の頑張りを認めてほしかっただけなのです。

相手の悩みを聞くときには、
自分の意見や解決策などは極力入れず、
しっかり聞いて、相手の感情を受け取ることが大切です。

ちなみに、足先が相手に向かっておらず、
横を向いている場合、「あなたの話を聞きたくない」
というボディランゲージだと言われます。

話を聞くときの態度というのも、
とても大切です。
日常生活で、この男女の会話のような風景は
よく見かけます。

みなさんの場合はどうでしょう?
人の話をしっかり聞けていますか?
相手の方が欲しいのは、

アドバイスや意見、一般論ではなく、
自分のことを受け入れてくれる存在かもしれません。
しっかり相手の話を聞く。

相手の話を聞く姿勢を持つ。
これが何より、
相手の心を上向きに変えるきっかけになります。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

攻撃的で自己主張の激しい人に困ったときは?

相手の話を遮ってでも 自分の意見を押し通そうとする人。 「自分が正しい」と常に思っている人。 人を思い通りにしようとする人。 こんな人に困っている、 もしくは困らされた、 という経験はありませんか。 …

顔の表情を意識しよう

話を聞くときのリアクションは、 自分が思うよりもっと大げさにしたほうが 「あなたの話を聞いていますよ」 「興味を持っていますよ」
ということが伝わります。     セミナーの実習で …

相手の気づきを促す傾聴の技術とは?

カウンセリングでは、
クライアントが話す言葉やキーワードを
カウンセラーが「繰り返す」ことが大切とされます。         いわゆる「オウム返し」です。
NL …

雑談のメリットとは?

  雑談は、
自分の幅を広げてくれるチャンスでもあります。
]   雑談で、
自分の知らない話題や興味ない話題に入ることがあると思います。     そんなとき、 …

人生を幸せにする叱られ上手

あなたは叱られ上手ですか? 叱られるのは誰でも嫌なものです。 できれば避けたい、逃げたいと思うでしょう。 しかし、叱られたとき、 どう受け止めるかで、 人生の質は変わります。 すぐ言い訳をしたり、反論 …