悪口を言われたときの聞き方は?

聞き役になったときに困る話の一つが、
「悪口」ではないでしょうか。

「〇〇部長って、本当に自分勝手だよな」
「△△さん、また仕事でミスしてさあ、もう最悪」

ここで、
「本当だよな」
などとと同調してしまえば、
相手の愚痴を助長してしまうことになります。

そうなると、
悪口はエスカレートしてしまいます。
また、話している方は余計に怒りを増幅させることも
あります。

こうなっては逆効果。
それに、同調したということは、
あなたも悪口を言っていた、ということになります。

何気なく同調したつもりでも
周り廻ってそれが当人に伝わってしまっては
人間関係にヒビが入るきっかけになります、
だから、愚痴には安易に同調はしないほうがいいのです。

かと言って、
「そんなことないよ。
〇〇部長にもいいところはあるよ」

と反論してしまうと、
相手を否定してしまうことになります。

これもおススメできません。
では、どうすればいいか?
と言うと、一番良いのは「オウム返し」です。

そう、
相手の言ったことをそのまま繰り返すのです。

「へえ、自分勝手なんだ」
「へえ、最悪だったんだ」

これだと、
相手の悪口に賛同しているわけでもなく、
かといって相手の考えを否定しているわけでもありません。

相手の言うことを、ただ受け止めているだけです。
自分の嫌な感情を受け止めてもらえると、
嬉しいものです。

それだけで人は前向きな気持ちになれるものです。
また、オウム返しは、
話し手の感情の整理に貢献します。

自分の言ったことを繰り返されることで、
客観的に自分を見ることができるのです。

余計なアドバイスなどをしなくても、
オウム返しをするだけで、
相手の気持ちがじょじょに落ち着いてくるのが
きっと分かるでしょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です