聴き方

感情が表れる身体のパーツとは?

投稿日:2016年11月19日 更新日:

目の動きや手足の動きは、
感情がよく表れるところです。

そして、
意外と感情が表れる身体のパーツが、
「肩」。

「肩を怒らせる」
「肩肘はる」
などの言葉もあるように、
肩はその人の感情を如実に表すことがあります。

相手の肩が上がっているようなら、
緊張している証拠。

肩が落ち着かない様子なら、
まだ打ち解けた関係ではない、
もしくは言いたいことを隠している可能性があります。

また、
自分の感情も
肩の動きでコントロールすることができます。

講演やプレゼンで緊張しているときは
肩が上がってしまいがち。

そんなときは、
意識して肩を下げるようにします。

そうすると、
身体の余分な力が抜け、
リラックスして話すことができます。
心と身体は繋がっています。
心の状態は、
身体のどこかに少なからず反映されるもの。

心をコントロールすることは難しいですが
身体をコントロールすることはまだ容易いはず。

身体の使い方を変えることで
心の状態を変えられることも
覚えておくと便利です。

 

306026d88e9f17ea788bcd475f257003_m

-聴き方

執筆者:

関連記事

本音を話してくれない、打ち解けてくれない人との会話術

「あの同僚とは付き合いが長いはずなのに、 いつも本音を話してくれない気がする」 「あの部下はまったく打ち解けて話してくれない」 そう感じることってないでしょうか? このような場合、 相手のコミュニケー …

営業マンの雑談は最後が勝負

営業マンは、 目の前の相手が何を求めているのか、 どういう状態を望んでいるのか、 話を聞いて、 ニーズを探り出さなければいけません。 とは言うものの、 人間関係が出来ていない間柄では 人はなかなか本音 …

顔の表情を意識しよう

話を聞くときのリアクションは、 自分が思うよりもっと大げさにしたほうが 「あなたの話を聞いていますよ」 「興味を持っていますよ」
ということが伝わります。     セミナーの実習で …

人を動かす人になるには?

あなたの身近にいる、 「尊敬する人」を思い浮かべてみましょう。 今現在、見当たらなければ、 過去に出会った人でもけっこうです。 それは、 自分の勤める会社の経営者であったり、 職場の上司であったり、 …

「5W2H」を明確にするな!

仕事のやりとりや、指示を受けたときなど 「5W2H」をしっかり押さえて聞くことは ビジネスマンの基本でしたね。 (詳しくは前回の記事をご覧ください。) ですが、プライベートの会話となると ちょっと話は …