聴き方

枕草子に書かれている人に嫌われる人の特徴とは?

投稿日:

枕草子の一節に、

次のような文があるそうです。

 

「また物語するに、
さし出でして、

われひとりさいまくる者。

すべて、さし出では、
童も大人もいとにくし」

 

 

どういう意味か、
分かりますか?

『自分ひとりがしゃべりまくり、

相手に話をする機会を与えないのは
とても憎らしい』

という意味なのだそうです。

 

いつの時代も、

コミュニケーションで嫌われる人、

敬遠される人というのは
共通しているようですね。

 

昔から、

口はひとつで耳がふたつあるのは

「人の話を二倍聞くため」だと言います。

 

しかし、

実際は
聞くよりも

自分の話をすることに
一生懸命になる人が多いようです。

 

自分の話をするのもいいですが、

相手の話をしっかり聞く。

 

自分の話を聞いてもらったら、

相手の話はその二倍聞くつもりで
コミュニケーションする。

 

 

改めて、心がけたいですね。

 

 

%e6%9d%be%e6%a9%8b%e5%85%88%e7%94%9f

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

人を癒す聞き方、人の怒りを増幅させる聞き方の違いはどこにある?

不満や怒りを誰かに打ち明けると 思いのほかすっきりして、 立ち直れた、前向きになれた、 という経験、ありますか? また逆に、 すっきりしたくて話を打ち明けたはずなのに、 余計に怒りが増幅してしまった、 …

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

話の続きをうながそう

話の続きをうながそう 話を「中断したまま」で終わっていませんか? 雑談をしていて、 オーダーしていた料理が届いたり、 携帯電話が途中で鳴ったりして、 話が途中で中断してしまうときがあります。 そんなと …

「聴き方インストラクターコース」を開催!

10/15-16の2日間、 一般社団法人日本聴き方協会、 「聴き方インストラクターコース」を開催! メイン講師として、 全てのカリキュラムを 担当させていただきました٩( ‘ω&#8217 …

コミュニケーションはリアクションで差がつく

話を聞くときは、 自分が思うよりももっと大げさに リアクションをしたほうが良いようです。 セミナーで相槌の練習をしていただくと、 首が少ししか動いていない人がいます。 「もっと首を振らないと、 相手に …