聴き方

枕草子に書かれている人に嫌われる人の特徴とは?

投稿日:

枕草子の一節に、

次のような文があるそうです。

 

「また物語するに、
さし出でして、

われひとりさいまくる者。

すべて、さし出では、
童も大人もいとにくし」

 

 

どういう意味か、
分かりますか?

『自分ひとりがしゃべりまくり、

相手に話をする機会を与えないのは
とても憎らしい』

という意味なのだそうです。

 

いつの時代も、

コミュニケーションで嫌われる人、

敬遠される人というのは
共通しているようですね。

 

昔から、

口はひとつで耳がふたつあるのは

「人の話を二倍聞くため」だと言います。

 

しかし、

実際は
聞くよりも

自分の話をすることに
一生懸命になる人が多いようです。

 

自分の話をするのもいいですが、

相手の話をしっかり聞く。

 

自分の話を聞いてもらったら、

相手の話はその二倍聞くつもりで
コミュニケーションする。

 

 

改めて、心がけたいですね。

 

 

%e6%9d%be%e6%a9%8b%e5%85%88%e7%94%9f

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手が答えやすくなる質問の仕方とは?

ストレートな質問は、よっぽど人間関係ができていないと 相手の意識は正直に答えることを拒む傾向にあります。 たとえば、営業の場合、お客様に 「お客様がうちのこの商品を使って 実感したいことは、どんなこと …

no image

一般社団法人日本聴き方協会を発足します。

2016年6月8日に一般社団法人日本聴き方協会を発足します。

話の続きをうながそう

話の続きをうながそう 話を「中断したまま」で終わっていませんか? 雑談をしていて、 オーダーしていた料理が届いたり、 携帯電話が途中で鳴ったりして、 話が途中で中断してしまうときがあります。 そんなと …

職場の人間関係が仕事に及ぼす影響とは?

セミナーやカウンセリングをやっていて、 一番多く受ける悩み相談は、 上司や、職場の人との人間関係です。 自分を分かってもらえない。 つまり、話をきちんと聞いてもらえず、 認めてもらえない。 ほめてもら …

話を聞くときに理想的なのは?

話を聞くとき、 理想的なのは、 相手が話し終わってから最低五秒は待つこと。 本当に言いたいこと、本当の気持ち、本音というのは、 沈黙の後、 ポロっと出てきたりするものなのです。 また、 相手の話が終わ …