枕草子に書かれている人に嫌われる人の特徴とは?

枕草子の一節に、

次のような文があるそうです。

 

「また物語するに、
さし出でして、

われひとりさいまくる者。

すべて、さし出では、
童も大人もいとにくし」

 

 

どういう意味か、
分かりますか?

『自分ひとりがしゃべりまくり、

相手に話をする機会を与えないのは
とても憎らしい』

という意味なのだそうです。

 

いつの時代も、

コミュニケーションで嫌われる人、

敬遠される人というのは
共通しているようですね。

 

昔から、

口はひとつで耳がふたつあるのは

「人の話を二倍聞くため」だと言います。

 

しかし、

実際は
聞くよりも

自分の話をすることに
一生懸命になる人が多いようです。

 

自分の話をするのもいいですが、

相手の話をしっかり聞く。

 

自分の話を聞いてもらったら、

相手の話はその二倍聞くつもりで
コミュニケーションする。

 

 

改めて、心がけたいですね。

 

 

%e6%9d%be%e6%a9%8b%e5%85%88%e7%94%9f

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です