無口な人との会話術

世の中には、
次々と言葉が飛び出てくる
話し好きな人ばかりではありません。

無口な人、口下手な人もいます。

そういう無口な相手と接するとき、
話を急かしたり、

「話題を変えようか」と言って話題を変えたり、
「それってこういうことだよね?」
と話を勝手に決めつけたりしてはいけません。

自分から積極的に話をしなからといって、
話したくないわけではないのです。

誰もが自分の話を聞いてほしい、
自分の話をしたい、
そう思っています。

無口な人、口下手な人と話すときは
沈黙を恐れないこと。

相手が話の途中に黙り込んでしまっても
焦ってはいけません。

あなたも、じっと相手に合わせて沈黙し、
相手の言葉を待つのです。

沈黙は、
「もうこれ以上話したくない」という合図ではなく、
「どう話そうか?」「なんて言おうか?」
を考えているだけなのです。

それなのに、
話を急かされたり、変えられたり、決めつけられたりしたら、
話そうという気が無くなります。

一方、
自分の答えをじっと待ってくれている人がいると、
人は嬉しくなって、

「この人になら話を聞いてもらえそうだ」と思い、
それまで言ってこなかった話も、
たくさんしてくれるようになるものです。

沈黙や間を大切にすることで、
コミュニケーションはより豊かなものになっていきます。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

077d47ab5690b3f0966daa68ee61fea4_s

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です