ブログ

無愛想な人ほどよく買ってくれる理由とは?

営業研修を依頼していただいて、まずは実情を聴くと、
次のようなことをおっしゃる研修担当者の方がいます。

「うちで扱っている商品は、おとなしい職種の方向けなので、
 お客さんは無愛想な人ばかりなんですよ」

こんなふうに、どこでも同じように、売れない言い訳をおっしゃいます。

クライアントが、経営者向けだから話を聞いてくれない。
経理担当者だから世間話をしても無愛想。
SE担当者だから理屈ばかり言う。

などなど、いずれにしても、「お客様の層が、無愛想なので売れない」とおっしゃる。

いえいえ!

相手の無愛想な状態を打ち破れないのは、
営業マンの聴く力が低いだけ!

どんな相手でも、突破口はあります。
どんな相手でも、べらべら話し始めてくれるポイントがあります。
どれだけしゃべらせることができるか?

これは、聴き方の技術しだいです。

みんな最初は無愛想

私は16年間、英語教材や家庭電化製品、自己啓発教材の訪問販売を経験しました。
この間、10,000件を超えるお宅に伺いしました。

では、最初から、笑顔で迎い入れてくれるお客様がいるか?といえば、ほとんどいません。
ほとんどむっつりして、無愛想だけなら、まだいい方です。

「約束しちゃったけど、今日は絶対に買わないからね!」

こんなふうに、最初からケンカ腰の人も少なからずいらっしゃいました。
警戒心のかたまりのような人です。

そんな厳しい状態から、説明をし始めて1時間後。

「今日は、ほんとにいい商品を紹介してもらってよかったわ!」
と、最初の反応がまるで嘘だったかのようになり、
契約していただくことになります。

愛想のいい人には気をつけろ!

逆に、最初からベラベラしゃべってくれる、とても愛想がいい人がたまにいます。
この場合、まったく売れない場合がほとんど!

最初から愛想が良すぎる人の心理を考えてみましょう。

・完全に暇つぶしの人
・よほど断り慣れている人

感じが良くて、愛想がいい人。
こういった人ほど、調子よく世間話をしてくれます。
とても商品に対してのリアクションもいいです。
物分りがとてもよく、「なんていい人なんだ」と思います。

でも、でも、最後は「ごめんね~。うちには必要ないわ」と、スッパリと断ります。

逆に、愛想が悪い人ほど、いったん信頼関係が築けると、スムーズに契約してくれやすいです。
なぜ愛想が悪いのか、といえば、断るのが苦手だからです。

ですから、相手にしゃべらせるスキルは、ビジネスでは必須と言っていいでしょう。
初対面の相手であったとしても、
べらべらとしゃべりたくなるようにするために必要なことは、
聴く技術です。

関連記事

  1. 何でも否定や反対で返していませんか?
  2. 話が脱線する人に対する、軌道修正の方法とは?
  3. はぐらかし病にかかっていませんか?
  4. 人を動かす人になるには?
  5. 話を途切れさせない秘策とは?
  6. 相手に意識を向けていますか
  7. しゃべって仕切るのではなく、聞いて仕切ろう
  8. 顔の表情を意識しよう

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。