聴き方

物事の基準は人それぞれ違う。その溝を埋めるには?

投稿日:2017年3月20日 更新日:

お客様とのやり取りや、
上司・部下とのやり取りなどの
仕事でのトラブルは、
5W2H」を確認しきれていないために
起こるケースが多いようです。


5W2H

WHO…
誰が
WHERE…どこで
WHEN…いつまで
WHAT…何を

WHY…
なぜ
HOW…どのように
HOW MANY(MUCH)…どのくらい

(例)

「この資料、作っておいてくれ」
「はい、部長。いつまでに作ればいいですか?」
「そんなに急がないよ。人に見せるんからきれいに作ってくれ」
3日後

「どう?頼んどいた資料はできたか?」
「え!?急ぎでないということだったので
まだ取り組んでないんですが
「何言ってるんだ!?もう3日も経ってるじゃないか!!」

このような曖昧な指示の場合、
5W2Hの確認は必要不可欠です。

物事の「基準」というのは、人や企業によって
驚くほど違います。

自分にとって「急ぎじゃない」は一週間後でも
OKかもしれないけど
上司(お客様)にとったら「急ぎじゃない」は、
今日中じゃなくてもいい、ということかもしれません。

「いつまでに?なんのために?どの程度のレベルで?
いくつ?どのように?」作成したらいいのか
確認しておけば、誤解やトラブルはないはずです。

意外とできているようで、
できていないことが多いようです。

相手の基準が分からないうちは、
5W2Hをしっかりと確認をしましょう。

ただ、一度確認したことをその後の指示でも
何度も確認するのは、失礼になることもありますから、
相手の基準が把握できた後は
相手をなるべくわずらわせることないように心がけたいですね。

いつも行っている馴染みのラーメン屋で、
毎回同じものを頼んでいるので

「いつものお願い」って言ったのに
「いつものとは、なんでしょうか?」
と毎回尋ねられるのは、ちょっと淋しくないですか?

「いつものお願い」
「はいよ!」
で済ますことができれば
とても楽ですし、

自分のことを覚えてもらっているという
プライオリティを感じることもできます。

5W2H
を確認して仕事をするのは、
ビジネスマンの基本。

相手の基準を把握して、
それに合わせられるようになれば
一流のビジネスマンです。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

オウム返しをマスターしよう

「あなたの話を聞いていますよ」ということを示すには、 オウム返しが有効です。 ただ相手が言った言葉を繰り返すことで、 “自分の話をちゃんと受け止めてもらっている” “自分のことを理解してくれている” …

相手が答えやすくなる質問の仕方とは?

ストレートな質問は、よっぽど人間関係ができていないと 相手の意識は正直に答えることを拒む傾向にあります。 たとえば、営業の場合、お客様に 「お客様がうちのこの商品を使って 実感したいことは、どんなこと …

悩み事を聞くときに言ってはいけない言葉とは?

人から何か悩み事を打ち明けられた時、 このような言葉をかけたことはありませんか? 「がんばれよ」 この言葉は、励ましたいと思ったときに 何気なく使ってしまいがちな言葉です。 しかし、「がんばれよ」と言 …

曖昧な話を明確にするメタモデルとは?

「いろいろとストレスがあって最近飲み過ぎちゃうんですよ」 「ここのところ何をやってもうまくいかないなあ…」 「みんな自分のことを使いやすい便利屋さんみたいにしか 思ってないんだろうなあ」 雑談の際、こ …

悩み相談のタブーとは?

以前、カフェで執筆作業をしていたときのこと。 20代ぐらいの男女が私の席の隣に座りました。 10分ぐらいの雑談の後、 女性が男性に、上司や会社に対しての愚痴を マシンガンのように話し始めました。 「ね …