ブログ

相手と心を通い合わせる目線の使い方とは?

「会話をしているときは
どこを見たらいいですか?」
こういった質問をいただくことがあります。

人の話を聞くとき、
目線はどうしたらいいか?
悩む方は多いようです。

対面で話をする時、
一般的には、
「相手の目を見て話す」
のが良いとされていますね。

しかし、
あまりじっと目を見つめすぎるのも
反対に
相手に圧迫感や威圧感を与えることになります。

私は、
話を聞くときは、
おでこや鼻、
口などを見るようにします。

目から10cm程度離れたところを見るようにすると
柔らかな印象を与えることができるのです。

または、
顔の下半分を
焦点を合わせず見るような
ソフトフォーカス状態も
いいでしょう。

ただし、
相手の話の中でも重要なポイントだと思われるときや、
語尾では、しっかり目を合わせます。

そして、
目線はできるだけ
相手と同じ高さに合わせるといいでしょう。

子どもや、
背の低い老年の方との会話では、
できるだけしゃがんで
同じ目の高さで会話したほうが
共感が得られます。

ある居酒屋に行ったとき、
座っている私たちおの目線に合わせて、
しゃがみこんでメニューを聞いてくれました。

とても安心感があり、
好感が持てました。

相手と目線の高さを合わせることも
心を通い合わせるには
とても大切です。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

da289c68091a0ec9718c3b683aeec653_s

関連記事

  1. 相手の話をさえぎらないで聴ける人はほとんどいない
  2. あごの動きに注意して話を聞こう
  3. 好感度が上がる聞き方の技術とは?
  4. コミュニケーションがうまくなりたいというすべての人へ
  5. 短時間で長年の知り合いのような関係を作る会話術
  6. 相手の本音はどこに表れる?
  7. 言わない方がいい相槌とは?
  8. プロの聞く技術のポイントとは?
PAGE TOP