聴き方

相手の言葉を尊重しよう

投稿日:2016年12月24日 更新日:

「実はお正月休みにさ、こんなことがあって
ほんと辛かったよ」
「そうか、それは大変だったな」

このように、
人の話を聞くとき、
相手の言葉をつい自分の言葉で表現しなおしてしまうことがあります。

この場合、
「辛かった」=「大変だった」
となっていますね。

相手の言葉をそのまま繰り返すことを
「オウム返し」(NLPでは「バックトラック」)と言います。

聞き方の基本的で、大切な技術なのですが
オウム返しは、自分の言葉で言い換えてはいけません。

ちゃんと相手の言葉を繰り返すことが大切です。
人それぞれ、言葉のニュアンス、意味というのは
驚くほど違います。

たとえば、
「個性的な人」と言われると、
「馬鹿にされている」「変な人と言われている」と
悪い方に受け取る人もいれば、

「他の人には無い特別な個性を持った人」と
良い方に受け取る人もいます。

安易に相手の言葉を言い換えてしまうと、
相手に違和感を抱かせてしまい、
「この人には話が通じないな」
と思わせてしまうきっかけになります。

コミュニケーションにおいて、
相手の言葉を尊重する、というのはとても大事です。

いくら自分には同じに思えても、
相手からしたら違う、
もっと大切な意味がこもった言葉かもしれません。

相手の心を尊重するコミュニケーションをしましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

no image

初の聴き方カウンセラー2級講座を開催します

カウンセリングスキルを学んでみませんか。 聴き方カウンセラー講座を開催します ⇒くわしくはこちらをクリック。

なんだか憂鬱・・・な5月病は、コレで乗り切ろう!

先日、春の気配にさそわれて外をブラブラ散歩していたら 新品のスーツに身をつつんだ集団を見かけました。 4月より入社した新入社員でしょう。 皆で楽しそうに談笑し、顔もとてもいきいきと輝いていました。 今 …

どんどん質問しよう

人に質問する、尋ねるということが 苦手な人が多いようです。 私たちは小さい頃、質問の達人でした。 「これ、なあに?」 「なんで?」 「どうして?」 こんな風に分からない事、疑問に思ったことはすぐ 無邪 …

悩み相談のタブーとは?

以前、カフェで執筆作業をしていたときのこと。 20代ぐらいの男女が私の席の隣に座りました。 10分ぐらいの雑談の後、 女性が男性に、上司や会社に対しての愚痴を マシンガンのように話し始めました。 「ね …

攻撃的で自己主張の激しい人に困ったときは?

相手の話を遮ってでも 自分の意見を押し通そうとする人。 「自分が正しい」と常に思っている人。 人を思い通りにしようとする人。 こんな人に困っている、 もしくは困らされた、 という経験はありませんか。 …