相手の話に口を挟みたくなったときは?

人の話を聞いていると、
どうしても口を挟みたくなる瞬間があると思います。

そんなときはコーチングでいう
「ゼロポジション」を意識するといいでしょう。

「ゼロポジション」とは、
先入観を排除し、
聴きながら評価をしたり、
操作や説得もせず、
傾聴する状態です。

口を挟みたくなる瞬間、
深く呼吸をし、
心身の状態を整えて、

再び『ゼロ』の状態にして、
相手の話を聞きます。

人の話を聞いているときに
してはならないのが、
途中で口を挟むこと。

あなたも
話を途中で遮られてしまって、
寂しい思いをしたことがないでしょうか?

話の途中、口を挟むと、
「話を聞いてもらえてない」
「受け入れてもらっていない」
「私の話は聞きたくないんだ」
と思わせてしまいます。

そうなると、
相手の心は閉ざされ、
あなたとの心理的距離が遠ざかることになります。

その話は前も聞いたよ~
これってこういうことなんじゃないの?
そう言いたくなる気持ちが芽生えたら、
ゼロポジションです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

4111d441ffb46b4a54770a3308d4bf50_s

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です