聴き方

知らない話題になったら、こう言おう!

投稿日:

会話の最中、
自分の知らない分野の話題になって、
どうしたらいいかわからない、
そんなことがあると思います。

そんなとき、無理して話を合わせたり、
知ったかぶりをすると
後でボロが出て、
気まずいことになったりします。

絶対にしない方がいいでしょう。
自分の知らない話題になったら、
まずは素直に知らないことを告げましょう。

そしてその後、相手にいろいろ質問して、
それについて教えてもらう、
という態度に切り替えましょう。

例えばあなたはスポーツを全くしないのに
相手の方はゴルフが趣味だったということが分かりました。

「私は運動を全くしないんですけど
私のようなものでも
ゴルフってできるんですかね?」

「ゴルフの魅力って
どんなところにあるんですか?」
このように質問をしてみましょう。

せっかくゴルフが趣味の人が目の前にいるんです。
自分の知らないことは、詳しい人に教えてもらうことで
知識が増えます。

どんな人でも、
自分の得意なことや好きなことに対して
いろいろ質問して聞いてくれる人がいるというのは、
嬉しいものです。

知識も増え、
相手の方も自分の話を楽しく話せて、気分が良く、
あなたに対して好感を抱くでしょう。

一石二鳥だと思いませんか?
聞き方の練習もできますしね。

「この話、知らない。つまらない」
と思ったり、
「どうしよう、話題についていけない

と不安になって
会話に消極的になるのは、
とてももったいないですね。

知らない話題でも
どんどん積極的に関わって
いっぱい相手に話してもらいましょう。

自分以外の人は、
すべて自分の知らないこと、足りないことを
補ってくれる教師だという気持ちを持って
接していきたいですね。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聞き上手はなぜ得をする?

ユダヤ人の教えに、 「耳が2つあるのに、口が1つしかないのは、 人の話を聞くほうが自分のことをしゃべるよりもっと大切だから」 というものがあります。 ユダヤ人といえば、 世界の大富豪や天才が多いことで …

言葉の「省略」「一般化」「歪曲」

◆言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 私たちは、言葉を使う際、 過去の体験から引き出して使います。 その際、脳では、 言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 が行われています。 言葉によるミス・コミュニケーシ …

嫌われる聞き方って?

  人と話していて、 言葉と態度に違和感を覚えることってありませんか?     「君もたいへんだよな」 「わかるわかる」 「なるほどね」     など …

藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?

『「頑張れ」は自分にいう言葉ではあっても、 他人に言う言葉ではない。』 作家の藤本義一さんの言葉だそうです。 悩み相談や愚痴を受けた後、 ついつい言ってしまいがちな言葉が 「がんばれよ」。 言った本人 …

愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?

愚痴、不満を口にするときの多くは、 周りから「自分の価値を認めてもらっていない」 というストレスが原因です。 ですから、愚痴や不満話を聞くときは、 「あなたは価値のある人間ですよ」 ということが伝わる …