聴き方

知らない話題になったら、こう言おう!

投稿日:

会話の最中、
自分の知らない分野の話題になって、
どうしたらいいかわからない、
そんなことがあると思います。

そんなとき、無理して話を合わせたり、
知ったかぶりをすると
後でボロが出て、
気まずいことになったりします。

絶対にしない方がいいでしょう。
自分の知らない話題になったら、
まずは素直に知らないことを告げましょう。

そしてその後、相手にいろいろ質問して、
それについて教えてもらう、
という態度に切り替えましょう。

例えばあなたはスポーツを全くしないのに
相手の方はゴルフが趣味だったということが分かりました。

「私は運動を全くしないんですけど
私のようなものでも
ゴルフってできるんですかね?」

「ゴルフの魅力って
どんなところにあるんですか?」
このように質問をしてみましょう。

せっかくゴルフが趣味の人が目の前にいるんです。
自分の知らないことは、詳しい人に教えてもらうことで
知識が増えます。

どんな人でも、
自分の得意なことや好きなことに対して
いろいろ質問して聞いてくれる人がいるというのは、
嬉しいものです。

知識も増え、
相手の方も自分の話を楽しく話せて、気分が良く、
あなたに対して好感を抱くでしょう。

一石二鳥だと思いませんか?
聞き方の練習もできますしね。

「この話、知らない。つまらない」
と思ったり、
「どうしよう、話題についていけない

と不安になって
会話に消極的になるのは、
とてももったいないですね。

知らない話題でも
どんどん積極的に関わって
いっぱい相手に話してもらいましょう。

自分以外の人は、
すべて自分の知らないこと、足りないことを
補ってくれる教師だという気持ちを持って
接していきたいですね。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手を話す気にさせる「無知の姿勢」とは?

人の話を聞くときについやってしまいがちなのが、 ・これはこういうことのはずだと決めつけてしまう ・話の先を読んでしまう ということ。 過去の自分の経験や、 それまで出会ってきた人たちと関連付けて 人の …

短時間で長年の知り合いのような関係を作る会話術

ビジネスの場でも、仕事の話ばかりだと 人間関係は作りづらいものです。 顧客や取引先との雑談の際、 短時間で長年の親友のような関係を作れる方法があります。 (例) 「今のデザインのお仕事は、 どれぐらい …

5月13日

5月13日は、母の日。 母の日の贈り物と言えば、 カーネーションですね。 日頃お世話になっていることのお礼や、 生んでくれた感謝の気持ちなど、 メッセージカードとともに プレゼントを計画されている方も …

言葉に頼らない

言葉に頼りすぎたコミュニケーションをしていませんか? コミュニケーションは、 「何を言ったか」というのは、 それほど重要ではありません。 「どのように言ったか」が大切です。 たとえば、 「ごめんなさい …

オウム返し(バックトラック)の最大のメリットとは?

「あなたの話を聞いていますよ」ということを示すには、 オウム返しはとても有効です。 オウム返しは、NLPでは「バックトラック」と言います。 売れない営業マン時代、 カウンセラー養成講座などに参加して …