ブログ

短時間で長年の知り合いのような関係を作る会話術

ビジネスの場でも、仕事の話ばかりだと
人間関係は作りづらいものです。

顧客や取引先との雑談の際、
短時間で長年の親友のような関係を作れる方法があります。

(例)

「今のデザインのお仕事は、
どれぐらいやってらっしゃるんですか?」
「そうですね、6年ぐらいでしょうか」

6年ですか~!
やはり学校もデザイン関係のところを?」
「いや、それが全く違うんです。
実はもとは私、営業だったんですよ」

「営業だったんですか!
転職のきっかけってなんだったんですか?」

「もともとデザインの仕事はやりたかったんですが
就職難でなかなか希望のところに就けなくて
知り合いに、営業で人脈を作ってからにしたら?
って言われたんです」

「そうだったんですか~!
学校も、やはりデザイン関係のことを学ばれてたんですか?」
「ええ、高校を出て、専門学校に行ってました」

「やはり、小さいころから絵を書くのとか、
お好きだったんでしょうか?」
「いえ、それが小さいころは外でよく遊んでたんですよ。
野球チームにも入ってましたし」

「へえ~!スポーツマンだったんですねえ!!
私はサッカーをやってたんですよ。兄がやっていたので。
野球をされたのは、何かきっかけが?」
「父親が実は昔、甲子園に出たことがあって

この会話の中には、心理的な秘密があります。

————————————————
現在の仕事前の仕事仕事に就いたきっかけ
学生の頃の話子どものころの話(家族)の話
————————————————-

このように、相手の生きてきた歴史をさかのぼって
話を聞いていっています。

特に、子どものころの話や親とのエピソードを聞いておくと
いいのです。

『子どものころの話までするということは
この人とは親しい関係に違いない』
と、潜在意識は認識します。

心理学では、自分の話もしながら、
相手が子供のころの話をしてくれたら、
親密な人間関係が作れると言われています。

ほんの十分程度でも、
長年の知り合いのような関係を作れるのです。
ただし、しっかり共感の姿勢を示して聞きましょう。

十分に共感の姿勢を示していない状態で
子どもの頃のことを訊かれても、相手は
「なんでこんなことを話さなくてはいけないんだ」

と心理的抵抗を強めたり、
よけいに警戒をしてしまう可能性もあるからです。
尋問をされていると感じさせることのないよう、

「あなたに興味を持っていますよ」
「あなたのことをもっと知りたいと思っていますよ」
という好意を持って接することが大切です。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

関連記事

  1. 話を聞くときの「目」「鼻」「口」の使い方
  2. 「息が合う」関係を作る呼吸の仕方とは?
  3. 聴き方インストラクターコース
  4. 聞き方の達人の技とは?
  5. 愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?
  6. 「でも」「どうせ」が会話をつぶす
  7. リーダーシップは何で決まる?
  8. 「最低、5秒」
PAGE TOP