聞きにくいことを聞く方法

相手のことをもっと知りたい。
相手についてもっと情報を得たい。
だけどストレートに訊くのはちょっと
というとき、ありますよね。

気になる異性がいたら、
結婚してるのかとか、付き合っている人はいるのか、
知りたくなると思います。

「付き合ってる人っているんですか?」
と聞くのが一番早いですが、それができれば苦労はありません(笑)。
そんなときは、「仮定」を使って訊ねてみましょう。

「〇〇さんの彼女(奥様)って、幸せものですね」
このように、付き合っている人がいると仮定して話をしてみるのです。
付き合っている人や奥さんがいないなら、相手は否定するでしょう。

営業の場面でも使えます。
営業では、お客さんの情報収集はとても大切です。

お客さんも、最初は営業マンに警戒している場合が多いので、
ストレートに尋ねても素直に教えてくれなかったり、
正直に答えてくれないときもあります。

年齢を知りたいときは、
相手の女性が40代ぐらいかな、と思ったら、
30代ぐらいのつもりで話してみましょう。

「奥様、お子さんは幼稚園ぐらいでしょうか?」
「ええ!?高校生ですか!?そんな大きいお子さんがいらっしゃるように
見えませんでした。すると、ご結婚は学生のころですか?」

ポイントは、
相手が喜ぶような仮定を使うことです。
そうすれば会話が弾みますし、
相手の方にとにかく喜んでもらうことが、
心の扉を開く第一歩ですからね。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。

それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』


★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』


★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

 

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です