ブログ

聞き上手になりたければ内容や情報にこだわるな

仕事の報告や、
指示を受けたときは、
「5W2H」をしっかり確認して
話を聞く必要があります。

「誰が、どこで、いつまでに、
何を、なぜ、どのように、どのぐらい」
これらの情報をできるだけ明確にしていたほうが、
トラブルや行き違いを防げます。

しかし、
雑談や悩み相談、普段の会話では
「5W2H」はあまり重要ではありません。

聞く技術の研究をしていて発見したのですが、
聞き上手と言われている人たちは、
みんな「5W2H」にこだわらないで聞いています。

聞き上手な人は、
不明確な情報や内容でも、いちいち

「それは誰がそう言ったの?」
「いつの話?」
「どこにいたの?」
など問いただすことなく、
相手の感情や気持ちに焦点を当てて聞きます。

「そうか、寂しかったんだね」
「なるほど、それでずっと悩んでたんだ」
「それは悔しいよな」
「そのときどんな気持ちだった?」

普段の会話では、
「5W2H」は明確にせず、
相手の感情、気持ちに焦点を当てて
話を聞くようにしましょう。

7dd57bd1160aaac513596699878df453_s

 

関連記事

  1. 物事の基準は人それぞれ違う。その溝を埋めるには?
  2. 「息が合う」関係を作る呼吸の仕方とは?
  3. 聞き上手を育てるには?
  4. ミラーリングの効果的なやり方とは?
  5. 話を聞くときに大切なフィルターとは?
  6. 好かれる人の特徴はやっぱり?
  7. モテる人が必ず行っていることとは?
  8. 言葉に頼らない
PAGE TOP