聴き方

聞き上手になりたければ内容や情報にこだわるな

投稿日:2016年11月4日 更新日:

仕事の報告や、
指示を受けたときは、
「5W2H」をしっかり確認して
話を聞く必要があります。

「誰が、どこで、いつまでに、
何を、なぜ、どのように、どのぐらい」
これらの情報をできるだけ明確にしていたほうが、
トラブルや行き違いを防げます。

しかし、
雑談や悩み相談、普段の会話では
「5W2H」はあまり重要ではありません。

聞く技術の研究をしていて発見したのですが、
聞き上手と言われている人たちは、
みんな「5W2H」にこだわらないで聞いています。

聞き上手な人は、
不明確な情報や内容でも、いちいち

「それは誰がそう言ったの?」
「いつの話?」
「どこにいたの?」
など問いただすことなく、
相手の感情や気持ちに焦点を当てて聞きます。

「そうか、寂しかったんだね」
「なるほど、それでずっと悩んでたんだ」
「それは悔しいよな」
「そのときどんな気持ちだった?」

普段の会話では、
「5W2H」は明確にせず、
相手の感情、気持ちに焦点を当てて
話を聞くようにしましょう。

7dd57bd1160aaac513596699878df453_s

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「デキる人」がやってしまいがちなNGな聴き方とは?

  人の話を聴くとき、つい以下のようなことをしていませんか?   ・悩み事や相談をされたら、アドバイスをしっかりする ・「つまり、こういうことだよね」と要約したりまとめたりする ・ …

問題解決を促す質問とは?

「職場のみんな私のことを馬鹿にしている」 「誰も私のことを認めてくれない」 「あの人はいつもああやって私を蔑ろにする」         人の悩み相談や愚痴を聞い …

枕草子に書かれている人に嫌われる人の特徴とは?

枕草子の一節に、 次のような文があるそうです。   「また物語するに、
さし出でして、 われひとりさいまくる者。 すべて、さし出では、
童も大人もいとにくし」     ど …

大英帝国の政治家が教えてくれる、良い人間関係を作る方法とは?

『人と話をする時は、その人自身のことを話題にせよ。 そうすれば、相手は何時間でもこちらの話を聞いてくれる』 これは、大英帝国時代のイギリスの政治家であり 小説家でもある、 ベンジャミン・ディズレーリの …

エライ人、スゴイ人に気に入られるには?

  いわゆる「エライ人」「スゴイ人」に気に入られるには
どうすればいいのでしょう? どんな人間関係にも共通することですが、
「聞く耳」を持つことが
何より大切です。 会社の社長や経営者、
自 …