聴き方

聞き上手になりたければ内容や情報にこだわるな

投稿日:2016年11月4日 更新日:

仕事の報告や、
指示を受けたときは、
「5W2H」をしっかり確認して
話を聞く必要があります。

「誰が、どこで、いつまでに、
何を、なぜ、どのように、どのぐらい」
これらの情報をできるだけ明確にしていたほうが、
トラブルや行き違いを防げます。

しかし、
雑談や悩み相談、普段の会話では
「5W2H」はあまり重要ではありません。

聞く技術の研究をしていて発見したのですが、
聞き上手と言われている人たちは、
みんな「5W2H」にこだわらないで聞いています。

聞き上手な人は、
不明確な情報や内容でも、いちいち

「それは誰がそう言ったの?」
「いつの話?」
「どこにいたの?」
など問いただすことなく、
相手の感情や気持ちに焦点を当てて聞きます。

「そうか、寂しかったんだね」
「なるほど、それでずっと悩んでたんだ」
「それは悔しいよな」
「そのときどんな気持ちだった?」

普段の会話では、
「5W2H」は明確にせず、
相手の感情、気持ちに焦点を当てて
話を聞くようにしましょう。

7dd57bd1160aaac513596699878df453_s

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話を聞くときの「目」「鼻」「口」の使い方

人の話を聞くときは、顔の表情も大切です。 言葉よりも、 仕草や表情などのボディランゲージのほうが 「伝える力」が強いからです。 ちゃんと話を聞いているのにも関わらず、 「ちゃんと話聞いてくれてる?」 …

使わない方がいい相槌とは?

会話の際の相槌は、 相手に「あなたの話をちゃんと聞いているよ」 というメッセージを無意識に伝えます。 相槌をたくさん打つようにすると、 会話も弾むし、相手からの信頼も得られます。 ですが、あまり言わな …

短時間で長年の知り合いのような関係を作る会話術

ビジネスの場でも、仕事の話ばかりだと 人間関係は作りづらいものです。 顧客や取引先との雑談の際、 短時間で長年の親友のような関係を作れる方法があります。 (例) 「今のデザインのお仕事は、 どれぐらい …

知らない話題になったら、こう言おう!

会話の最中、 自分の知らない分野の話題になって、 どうしたらいいかわからない、 そんなことがあると思います。 そんなとき、無理して話を合わせたり、 知ったかぶりをすると 後でボロが出て、 気まずいこと …

なんだか憂鬱・・・な5月病は、コレで乗り切ろう!

先日、春の気配にさそわれて外をブラブラ散歩していたら 新品のスーツに身をつつんだ集団を見かけました。 4月より入社した新入社員でしょう。 皆で楽しそうに談笑し、顔もとてもいきいきと輝いていました。 今 …