聴き方

聞き上手は、過去を振り返らない

投稿日:

会話の最中、
「さっきの発言はまずかったかな
「あの人、なんか不機嫌になった気がするけど、
自分の言ったことが原因かな?」

このように
自分が言った言葉や、話の内容を気にしてしまうことって、
ありませんか?

これは、相手の話に集中していない、
相手の話を聞けていない証拠です。

このようなときは、
どこか上の空な状態が、相手にも非言語を通して
伝わります。

そうなると、
「この人は私の話をちゃんと聞いていないな」
と思われてしまいます。

話を聞くときは、
「今、ここに」意識を向けることが大切です。
数分前、数秒前の「過去」を気にする必要は無いのです。

相手の方が、
「さっき、こう言ってたけど
「さっきのあの話についてなんだけど
と言ってきた場合は、
思い出せばいいのです。

「完璧な会話」
「完璧なコミュニケーション」なんて、
存在しません。

だから、
すでに言った言葉や話の内容を気にするのは
やめましょう。

そして、
「今、ここに」に集中しましょう。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

話の横取りにご注意

人の話を聞いていて、ついやってしまいがちなのが、 「話の横取り」。 「そういえばこの前私も…」 「それで思い出したんだけど…」 「分かるわ。私も実はね…」 自分が話しているときに、 このように話を途中 …

相手が答えやすくなる質問の仕方とは?

ストレートな質問は、よっぽど人間関係ができていないと 相手の意識は正直に答えることを拒む傾向にあります。 たとえば、営業の場合、お客様に 「お客様がうちのこの商品を使って 実感したいことは、どんなこと …

no image

聴き方インストラクターコース

聴き方の講師になりませんか。 ⇒詳しくはこちら  

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

聞き上手への道

落ち込んでいるときや、 悩んでいるとき、 あなたならどんな人に相談したいと思いますか? パソコンやスマホをいじりながらの「ながら聞き」や、 目を合わさないで話を聞かれたり、 話を最後まで聞かず意見を言 …