会話の最中、
「さっきの発言はまずかったかな
「あの人、なんか不機嫌になった気がするけど、
自分の言ったことが原因かな?」

このように
自分が言った言葉や、話の内容を気にしてしまうことって、
ありませんか?

これは、相手の話に集中していない、
相手の話を聞けていない証拠です。

このようなときは、
どこか上の空な状態が、相手にも非言語を通して
伝わります。

そうなると、
「この人は私の話をちゃんと聞いていないな」
と思われてしまいます。

話を聞くときは、
「今、ここに」意識を向けることが大切です。
数分前、数秒前の「過去」を気にする必要は無いのです。

相手の方が、
「さっき、こう言ってたけど
「さっきのあの話についてなんだけど
と言ってきた場合は、
思い出せばいいのです。

「完璧な会話」
「完璧なコミュニケーション」なんて、
存在しません。

だから、
すでに言った言葉や話の内容を気にするのは
やめましょう。

そして、
「今、ここに」に集中しましょう。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』