藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?

『「頑張れ」は自分にいう言葉ではあっても、
他人に言う言葉ではない。』
作家の藤本義一さんの言葉だそうです。

悩み相談や愚痴を受けた後、
ついつい言ってしまいがちな言葉が
「がんばれよ」。

言った本人は何気なく言っているつもりでも、
相手を追いつめる言葉になっている場合があります。

カウンセリングの勉強をし始めたときに、
人(クライアント)の話を聞くときには、
「がんばれ」という言葉を使ってはいけないと学びました。

なぜなら、相手はがんばってがんばって、がんばりぬいた末に
相談しに来ているのです。

「がんばれよ」という言葉は、
「自分ってそんなにがんばっていないように見えるのか?」
「自分はまだがんばりが足らないんだ
これ以上何をがんばればいいんだろう?」
と、励ますどころか、
さらに落ち込ませてしまうのです。

「がんばれ」は、
相手のつらさや悲しさなどの気持ちを
じっくり受け取らずはぐらかしてしまうのです。

何か相談されたりしたら、
人は何か気の利いたことを言わないと、
と思うものです。

しかし、どんな励ましの言葉よりも、
相手の言葉を、心をしっかり聞き、受け止める。
これが何より一番、相手の心を癒します。

『「がんばれ」は、
他人に対して言う言葉では無い』
胸にとどめておきましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です