話が盛り上がる質問の仕方とは

会話というのは、たいてい
質問によって成り立っています。

話が盛り上がる、盛り上がらないというのは、
どんな質問をするか、というのが大きいのです。
質問には大きく分けて2種類あります。

「クローズド・クエスチョン」と「オープン・クエスチョン」です。
次の2つの質問を読んでみてください。

本当に誰かに質問されたつもりになって、
読んでみましょう。

①「〇〇さんは、自分の会社のことを気に入ってる?」
②「〇〇さんは、自分の会社について、どう思う?」

あなたなら、どちらのほうがより話をしやすいと感じましたか?
また、話が盛り上がりそうだと感じたのはどちらでしょう?
恐らく、②の質問のほうではないでしょうか。

①は、「クローズド・クエスチョン」。
直訳すると「閉じた質問」。

好きか嫌いかを尋ねたり、
知ってるか知らないかを尋ねたりする質問です。
つまり、Yes,Noでしか答えられない質問のことをさします。

一方、「オープン・クエスチョン」は、「開いた質問」。
「どんな風だった?」「どう思う?」「どういう感じ?」など、
単純にYes,Noだけでは答えられず、答える側の自由度が高い質問です。

クローズド・クエスチョンは相手の答え方を限定してしまう質問なので
質問された人は、問い詰められている、と感じたり、
窮屈に感じることもあります。

会話のときは、オープン・クエスチョンをたくさん使った方が
話が広がり、盛り上がることが多いのです。

あまり相手が話してくれない、と嘆いている方は
このように質問の仕方を工夫することで、
相手にたくさん話してもらえるようになるかもしれません。

クドーズド・クエスチョンは、
自分の尋ねたいことを訊く場合などには有効ですが、
基本的には、オープン・クエスチョンをたくさん使って聞くほうが
相手は自分の思いや本音を思い切り話しやすくなります。

オープン・クエスチョンは
相手にとって親切な質問、といえるかもしれませんね。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です