話が続かないときに使える質問集

・話が続かない
・話が盛り上がらない

そんな場合は、
「話を広げる3つの質問」を知っておくと
便利です。

①チャンクダウン質問
「〇〇さんは、どのようなお仕事をされているのですか?」
「研修や、経営コンサルタントの仕事をしています」
「研修って、具体的にどんなことを?」

「そうですね、営業マンのための研修や、
コミュニケーションを円滑にするためのセミナーをやっています」
「コミュニケーションを円滑にするためのセミナーって、

どういうことをやるんですか?」
このように、詳細を深堀していく方法を、
「チャンクダウン」と言います。

「チャンク」とは、「塊」のこと。
話の塊を掘り下げて質問していくのが
「チャンクダウン質問」です。

②チャンクアップ質問
「〇さんがコミュニケーションに関しての
セミナーを行うようになったきっかけって、
なんだったんでしょう?」

「はい、私自身、長年コミュニケーションで悩んでまして。
聞き方の技術を学んで、コミュニケーションが一変して、
人間関係もすごく良くなりました。
そのことを多くの方に伝えたいと思ったんです」

「へえ、すごいですね!
これからはどうなっていきたいと
思ってらっしゃるんでしょう?」

「そうですね。まだまだ人の聞くことの大切さや、
聞き方の技術は多くの人に伝わっていませんからね。
もっと多くの人に知ってもらう必要があると思っています」

チャンクアップ質問は、
上に話を持っていく質問方法です。

目標や、そもそもの目的、意図などを聞きだします。
コーチングでは、目先のことに捉われているクライアントに
そもそもの大きな目標・目的を思い出させるために
使われたりします。

③水平チャンク質問
「営業研修やコミュニケーションセミナーの他には、
どんな活動をしていらっしゃるんですか?」

「実は、本も執筆してるんです。
昔から文章を書くのは好きでして。
後、最近力を入れているのは経営コンサルタントの仕事ですかね」

水平チャンク質問は、
「他には?」と、話をヨコに展開していく質問方法です。

連想ゲームのように、
関連した話題に移っていく方法です。

大切なのは、この3つの質問を組み合わせて会話すること。
深堀りばかりしていても話題がつきますし、
ヨコに広げてばかりでも盛り上がりません。

・相手が話した話題をチャンクダウンでタテに深堀りする。
・チャンクアップ質問で、目的や目標、意図、考え方を聞く。
・水平チャンク質問で、ヨコに広げる。

このように、自由自在にタテにもヨコに話を広げることができれば、
話題が尽きることはありません。
質問上手は、雑談上手。

使いこなしていってほしいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

98a2b93b21193f00e74f6abb738a0d78_s

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です