聴き方

話さなくても話が盛り上がる誰でも使えるテクニックとは?

投稿日:2016年10月31日 更新日:

話を盛り上げるためには、

相手が話したいことをもっと話してもらうために、

「合いの手」が必要です。

 

 

ただうなずいて聞いているだけではなく、

 

「へえ~!」

「なるほど!」

「ほぉ~!」

 

など、感嘆詞を積極的に使うと
相手は話しやすくなります。

 

 

さらに、接続詞を加えると、
なお話が盛り上がります。

 

「へえ~!それで?」

「ほぉ~!それから?」

 

このように、次の言葉を促す接続詞を
使うのです。

 

 

話を盛り上げるには、

気の利いたことや面白いことを言う必要は無く、

「感嘆詞+接続詞」でじゅうぶんなのです。

 

 

話し下手だと悩んでいる人、

雑談でいつも何を話したらいいか分からず困っている人、

これなら簡単にできる気がしませんか?

 

 

どんな面白い話をするより、

このように相手の話を聞き、続きを促すほうが

よっぽど好感を持ってもらえますよ。

 

 

 

 

61b1071d690f278c62a3f5eec619205c_s

 

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ミラーリングの効果的なやり方とは?

今回は、 ペーシングの中でよく使われる 「ミラーリング」というテクニックについて お話しします。 ミラーリングは、姿勢や、身振り手振りを 相手に合わせて動かすことを言います。 ちょうど鏡に映ったように …

価値観の違いの受け入れ方

雑談の際、 自分とは違う価値観の人と出会ったり、 自分の価値観を押し付けてきたりする人がいた場合、 どうしていますか? 「この人は自分とは合わない」 「自分の価値観ばかり押し付けて、 嫌な人だな~」 …

オウム返し(バックトラック)の最大のメリットとは?

「あなたの話を聞いていますよ」ということを示すには、 オウム返しはとても有効です。 オウム返しは、NLPでは「バックトラック」と言います。 売れない営業マン時代、 カウンセラー養成講座などに参加して …

興味の持てない話題になった場合の聞き方とは?

雑談の際、 話題に全く共感できずに、 困ってしまった、 会話が途切れてしまった、 という経験はありませんか? 自分が興味の無い話題や詳しくない話題について 延々と話されるのも、なかなかつらいものです。 …

聞き上手になりたければ内容や情報にこだわるな

仕事の報告や、 指示を受けたときは、 「5W2H」をしっかり確認して 話を聞く必要があります。 「誰が、どこで、いつまでに、 何を、なぜ、どのように、どのぐらい」 これらの情報をできるだけ明確にしてい …