話を聞くときに注意したい体の使い方とは?

人の話を聞くとき、
顔はその人のほうを向いているけれど
体は机やテーブルと向きあったまま、という方がいます。

相手に「あなたの話を聞いていますよ」
「あなたに興味がありますよ」
ということを示すには、
体の使い方もとても大切です。

話を聞くときは、
体も相手に向けて聞きましょう。

椅子に座っているなら、
椅子を相手のほうに向けます。

テーブルや机から体を離して、
相手と向きあいます。

そうすることで、
相手の心は開きやすくなり、
本音を引きだしやすくなります。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

f54532df28773728993a1d15e0277891_s

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です