話を聞くとき、
理想的なのは、
相手が話し終わってから最低五秒は待つこと。

本当に言いたいこと、本当の気持ち、本音というのは、
沈黙の後、
ポロっと出てきたりするものなのです。

また、
相手の話が終わってすぐ話すより、
少し待つ時間を持った方が、相手は、
「ちゃんと自分の話を受け入れてもらっているな」
と感じるものです。

そして、会話の際、沈黙になると、
気まずく感じる人が多いようです。

私もかつてそうでした。
営業マン時代、お客様が黙ってしまうと、
待つことができずに
焦ってベラベラと話してしまっていました。

沈黙はお客様からの拒否・拒絶のサインと
勘違いしていたのです。

カウンセラー養成講座に通い、
待つことの大切さを学び、
会話の中の沈黙は気まずく思ったり、
怖がったりする必要は無く、
むしろ歓迎すべきものなのだと学びました。

相手が沈黙したのは、
言葉を探しているからです。
どうしようか、どう言おうか、

考えているからです。
そんなときに、
待てずにベラベラと話してしまっては
信頼関係を損なうことになります。

しかし、
じっくり相手の言葉を待つことができれば、
信頼関係は一気に深まります。

「この人は自分の言葉を待ってくれている」
「じっと私の話に耳を傾けてくれている」
と思うと、

人は、嬉しく思い、
その待ってくれる人に対し
真摯に向き合おうと思うものです。

豊かな人間関係を築きたいなら、
「沈黙」や「間」を大切にできる人になりましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s