聴き方

話を聞くときに理想的なのは?

投稿日:2016年11月29日 更新日:

話を聞くとき、
理想的なのは、
相手が話し終わってから最低五秒は待つこと。

本当に言いたいこと、本当の気持ち、本音というのは、
沈黙の後、
ポロっと出てきたりするものなのです。

また、
相手の話が終わってすぐ話すより、
少し待つ時間を持った方が、相手は、
「ちゃんと自分の話を受け入れてもらっているな」
と感じるものです。

そして、会話の際、沈黙になると、
気まずく感じる人が多いようです。

私もかつてそうでした。
営業マン時代、お客様が黙ってしまうと、
待つことができずに
焦ってベラベラと話してしまっていました。

沈黙はお客様からの拒否・拒絶のサインと
勘違いしていたのです。

カウンセラー養成講座に通い、
待つことの大切さを学び、
会話の中の沈黙は気まずく思ったり、
怖がったりする必要は無く、
むしろ歓迎すべきものなのだと学びました。

相手が沈黙したのは、
言葉を探しているからです。
どうしようか、どう言おうか、

考えているからです。
そんなときに、
待てずにベラベラと話してしまっては
信頼関係を損なうことになります。

しかし、
じっくり相手の言葉を待つことができれば、
信頼関係は一気に深まります。

「この人は自分の言葉を待ってくれている」
「じっと私の話に耳を傾けてくれている」
と思うと、

人は、嬉しく思い、
その待ってくれる人に対し
真摯に向き合おうと思うものです。

豊かな人間関係を築きたいなら、
「沈黙」や「間」を大切にできる人になりましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

「ホウレンソウ!」と言う前に…

先日、とあるカフェで休憩したときのこと。 隣の席に座る若い男女カップルの雑談が 耳に飛び込んできました。 「ホントうちの上司ときたら嫌になるぜ。 報・連・相しろってガミガミ言うくせに、 報告しに行って …

超カンタンにできて、超強力な聞き方のテクニックとは?

人の話を聞くときに大事なのが、 「顎の動き」です。 顎の動き次第で、 相手の話す意欲を高めたり、奪ったりします。 ある実験によると、 顎を動かして相槌を打ちながら話を聞いたときは、 全く顎を動かさない …

感情が表れる身体のパーツとは?

目の動きや手足の動きは、 感情がよく表れるところです。 そして、 意外と感情が表れる身体のパーツが、 「肩」。 「肩を怒らせる」 「肩肘はる」 などの言葉もあるように、 肩はその人の感情を如実に表すこ …

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

相手の本音はどこに表れる?

「話を聞く」というのは、 その人の話す言葉だけに耳を傾けていればいいのでは ありません。 表情、仕草、身体の使い方、 会話のテンポ、普段と違う様子、 これらを観察し、 そこから気持ちや状態を読み取るこ …