聴き方

話を聞くときに理想的なのは?

投稿日:2016年11月29日 更新日:

話を聞くとき、
理想的なのは、
相手が話し終わってから最低五秒は待つこと。

本当に言いたいこと、本当の気持ち、本音というのは、
沈黙の後、
ポロっと出てきたりするものなのです。

また、
相手の話が終わってすぐ話すより、
少し待つ時間を持った方が、相手は、
「ちゃんと自分の話を受け入れてもらっているな」
と感じるものです。

そして、会話の際、沈黙になると、
気まずく感じる人が多いようです。

私もかつてそうでした。
営業マン時代、お客様が黙ってしまうと、
待つことができずに
焦ってベラベラと話してしまっていました。

沈黙はお客様からの拒否・拒絶のサインと
勘違いしていたのです。

カウンセラー養成講座に通い、
待つことの大切さを学び、
会話の中の沈黙は気まずく思ったり、
怖がったりする必要は無く、
むしろ歓迎すべきものなのだと学びました。

相手が沈黙したのは、
言葉を探しているからです。
どうしようか、どう言おうか、

考えているからです。
そんなときに、
待てずにベラベラと話してしまっては
信頼関係を損なうことになります。

しかし、
じっくり相手の言葉を待つことができれば、
信頼関係は一気に深まります。

「この人は自分の言葉を待ってくれている」
「じっと私の話に耳を傾けてくれている」
と思うと、

人は、嬉しく思い、
その待ってくれる人に対し
真摯に向き合おうと思うものです。

豊かな人間関係を築きたいなら、
「沈黙」や「間」を大切にできる人になりましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

cd1c7ccec442b51fb3de581e0c0e5cb0_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

聞くのを妨げる「ブロッキング」とは?

相手の話を聞いていると、次のようなことって ありませんか? ①これはこういうことのはずだと思いこんでしまう ②つい説教したくなる ③説得したくなる ④自分の意見を言いたくなる ⑤自分の考えを押し付けた …

話の続きをうながそう

話の続きをうながそう 話を「中断したまま」で終わっていませんか? 雑談をしていて、 オーダーしていた料理が届いたり、 携帯電話が途中で鳴ったりして、 話が途中で中断してしまうときがあります。 そんなと …

相手の言葉を尊重しよう

「実はお正月休みにさ、こんなことがあって…、 ほんと辛かったよ」 「そうか、それは大変だったな」 このように、 人の話を聞くとき、 相手の言葉をつい自分の言葉で表現しなおしてしまうことがあります。 こ …

型から入って、心がついてくる

人の話を聞くのは大切だということは分かる。 だけど、「話を聞く」って、 けっこう難しいものです。 話を聞くのがうまい人だらけなら、 この世にカウンセラーという職業は存在しないでしょう。 「ちょっと、ち …

話を聞くときに大切なフィルターとは?

「また同じ話だ…」 「あの人の話はいつも長いんだよなあ…」 「どうせこの人の話題は自分には興味ないことばかりだし…」 人の話を聞くとき、 話を聞く前から このように感じてしまうことってないでしょうか? …