聴き方

話題を盛り上げる質問術

投稿日:2016年12月14日 更新日:

あまり親しくない人や、知り合ったばかりの人、
仕事上の付き合いしかない人との雑談では
どんなことを話そうか、迷いますよね。

共通点があれば場が盛り上がりますが、
まったく共通点が無い場合もあります。

その場合は、相手の好きなこと、得意なことを
引き出すような質問をするといいでしょう。

(例1)
○○さんはご出身はどちらですか?」
「青森です」
「青森ですか!青森には行ったことないんですが、
おすすめの観光スポットというと、
どんなところがあるんでしょう?」

(例2)
「私はワインには目がなくて」
「ワインですか。私はお酒は飲まないんですが、
今まで一番美味しかったワインって、
どんなところで召し上がったワインなんですか?」

自分のまったく知らない話題でも、
質問をすることで話を繋げることができますし、
知識や情報も増えて一石二鳥です。

大切なのは、
相手に心から興味を持って
質問をすることです。

自分の話を聞きたいと思ってくれる人がいるというのは、
嬉しいものです。

「親しくないから」「共通の話題が無いから」
と敬遠するのではなく、
ぜひ積極的に、勇気をもって
話しかけていってほしいと思います。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

0051143f8b56d87a5d7558f171755171_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペーシングの神髄

話を聞くときには、 「あごの動き」(=うなずき方)は、 とても重要な要素です。 ある実験によると、 あごを動かしてうなずきながら話を聞いたときは、 全くあごを動かさないで聞いたよりも、 相手の発言がな …

藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?

『「頑張れ」は自分にいう言葉ではあっても、 他人に言う言葉ではない。』 作家の藤本義一さんの言葉だそうです。 悩み相談や愚痴を受けた後、 ついつい言ってしまいがちな言葉が 「がんばれよ」。 言った本人 …

相手が答えやすくなる質問の仕方とは?

ストレートな質問は、よっぽど人間関係ができていないと 相手の意識は正直に答えることを拒む傾向にあります。 たとえば、営業の場合、お客様に 「お客様がうちのこの商品を使って 実感したいことは、どんなこと …

相手の話に口を挟みたくなったときは?

人の話を聞いていると、 どうしても口を挟みたくなる瞬間があると思います。 そんなときはコーチングでいう 「ゼロポジション」を意識するといいでしょう。 「ゼロポジション」とは、 先入観を排除し、 聴きな …

話を聞くときに理想的なのは?

話を聞くとき、 理想的なのは、 相手が話し終わってから最低五秒は待つこと。 本当に言いたいこと、本当の気持ち、本音というのは、 沈黙の後、 ポロっと出てきたりするものなのです。 また、 相手の話が終わ …