聴き方

部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?

投稿日:2016年11月2日 更新日:

部下があまり話してくれない、
社員とのコミュニケーションがいまいちうまくいっていない、
そういう人は、
相手の話を聞く際の質問の仕方に
問題があるかもしれません。

質問は、大きく分けて二種類あります。

「クローズド・クエスチョン」と
「オープン・クエスチョン」。
クローズド・クエスチョンは、
「閉じた質問」。

相手が
「はい」「いいえ」でしか
答えられないような質問です。

一方、オープン・クエスチョンは、
「開いた質問」。
相手の答えに自由度が高い質問の仕方です。

コミュニケーションがうまくいかない人は、
クローズド・クエスチョンを多用している
場合が多いです。

相手が自由に自分の考えを述べられる
オープン・クエスチョンは
あまり使いません。

たとえば、
「あの案件はうまくいきそうか?」
このような質問がクローズド・クエスチョンです。

このように質問された部下は、
「はい」か「いいえ」でしか答えられません。

「いいえ」とストレートに言うと
責められたり怒られそうな気がするし
相談したいことがあっても、
部下はつい「はい」と答えてしまいがちです。

しかし、
「あの案件は、今どんな感じかな?」
という質問の仕方だと、

「いい感じに進んでるんですが、
ちょっと気になることがあって…」
「実はあんまり進展が無いんです。

というのは…」などと、
部下は思っていることを
いろいろ話すことができます。

これがオープン・クエスチョンの効果です。

いろんな会社に研修に行かしてもらっていますが、
部下から慕われている人、
成績を出している部署のマネージャーさんは、
質問の仕方が多様です。

オープン・クエスチョンと
クローズド・クエスチョンをうまく使いこなし
部下の話をよく聞きます。

部下とのコミュニケーションをもっと活発にしたい、
部下と心を開いて会話できていない気がする、
という方は、
オープン・クエスチョンを意識して使ってみましょう。

2cfbc2e4f30a3afbb8c9f8cd90901c75_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業マンの雑談は最後が勝負

営業マンは、 目の前の相手が何を求めているのか、 どういう状態を望んでいるのか、 話を聞いて、 ニーズを探り出さなければいけません。 とは言うものの、 人間関係が出来ていない間柄では 人はなかなか本音 …

隠された情報を聞きだす質問術

  昨日、一昨日のブログで
言葉の「一般化」「歪曲」について
お話ししました。 今日は言葉の「省略」について
お話しします。         たとえば …

相手が答えやすくなる質問の仕方とは?

ストレートな質問は、よっぽど人間関係ができていないと 相手の意識は正直に答えることを拒む傾向にあります。 たとえば、営業の場合、お客様に 「お客様がうちのこの商品を使って 実感したいことは、どんなこと …

話がうまい人の大事にしていることとは?

コミュニケーション心理学の講師、 営業の講師として、 さまざまな方に教える機会をいただいていますが、 「話がうまい」人ほど、 聞き方の重要性を知っているようです。 話が下手、うまくない人というのは、 …

嫌われる聞き方とは?

無意識についやってしまう、 「嫌われる聞き方」があります。 聞く態度というのは、 特にボディランゲージを通して伝わります。 嫌われる6つの聞き方を紹介します。 ①話を聞くときに腕組みをする 腕組みは、 …