ブログ

部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?

部下があまり話してくれない、
社員とのコミュニケーションがいまいちうまくいっていない、
そういう人は、
相手の話を聞く際の質問の仕方に
問題があるかもしれません。

質問は、大きく分けて二種類あります。

「クローズド・クエスチョン」と
「オープン・クエスチョン」。
クローズド・クエスチョンは、
「閉じた質問」。

相手が
「はい」「いいえ」でしか
答えられないような質問です。

一方、オープン・クエスチョンは、
「開いた質問」。
相手の答えに自由度が高い質問の仕方です。

コミュニケーションがうまくいかない人は、
クローズド・クエスチョンを多用している
場合が多いです。

相手が自由に自分の考えを述べられる
オープン・クエスチョンは
あまり使いません。

たとえば、
「あの案件はうまくいきそうか?」
このような質問がクローズド・クエスチョンです。

このように質問された部下は、
「はい」か「いいえ」でしか答えられません。

「いいえ」とストレートに言うと
責められたり怒られそうな気がするし
相談したいことがあっても、
部下はつい「はい」と答えてしまいがちです。

しかし、
「あの案件は、今どんな感じかな?」
という質問の仕方だと、

「いい感じに進んでるんですが、
ちょっと気になることがあって…」
「実はあんまり進展が無いんです。

というのは…」などと、
部下は思っていることを
いろいろ話すことができます。

これがオープン・クエスチョンの効果です。

いろんな会社に研修に行かしてもらっていますが、
部下から慕われている人、
成績を出している部署のマネージャーさんは、
質問の仕方が多様です。

オープン・クエスチョンと
クローズド・クエスチョンをうまく使いこなし
部下の話をよく聞きます。

部下とのコミュニケーションをもっと活発にしたい、
部下と心を開いて会話できていない気がする、
という方は、
オープン・クエスチョンを意識して使ってみましょう。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

2cfbc2e4f30a3afbb8c9f8cd90901c75_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

関連記事

  1. デキル部下と思ってもらえる聞き方とは?
  2. 松橋式オウム返し
  3. 問題解決を促すノンディレクティブセラピーとは?
  4. 相手の話に口を挟みたくなったときは?
  5. 愚痴や不満を聞くときに大切なこととは?
  6. 人から好かれたいと思ったら?
  7. 話を途切れさせない秘策とは?
  8. 職場の人間関係が仕事に及ぼす影響とは?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。