聴き方

部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?

投稿日:2016年11月2日 更新日:

部下があまり話してくれない、
社員とのコミュニケーションがいまいちうまくいっていない、
そういう人は、
相手の話を聞く際の質問の仕方に
問題があるかもしれません。

質問は、大きく分けて二種類あります。

「クローズド・クエスチョン」と
「オープン・クエスチョン」。
クローズド・クエスチョンは、
「閉じた質問」。

相手が
「はい」「いいえ」でしか
答えられないような質問です。

一方、オープン・クエスチョンは、
「開いた質問」。
相手の答えに自由度が高い質問の仕方です。

コミュニケーションがうまくいかない人は、
クローズド・クエスチョンを多用している
場合が多いです。

相手が自由に自分の考えを述べられる
オープン・クエスチョンは
あまり使いません。

たとえば、
「あの案件はうまくいきそうか?」
このような質問がクローズド・クエスチョンです。

このように質問された部下は、
「はい」か「いいえ」でしか答えられません。

「いいえ」とストレートに言うと
責められたり怒られそうな気がするし
相談したいことがあっても、
部下はつい「はい」と答えてしまいがちです。

しかし、
「あの案件は、今どんな感じかな?」
という質問の仕方だと、

「いい感じに進んでるんですが、
ちょっと気になることがあって…」
「実はあんまり進展が無いんです。

というのは…」などと、
部下は思っていることを
いろいろ話すことができます。

これがオープン・クエスチョンの効果です。

いろんな会社に研修に行かしてもらっていますが、
部下から慕われている人、
成績を出している部署のマネージャーさんは、
質問の仕方が多様です。

オープン・クエスチョンと
クローズド・クエスチョンをうまく使いこなし
部下の話をよく聞きます。

部下とのコミュニケーションをもっと活発にしたい、
部下と心を開いて会話できていない気がする、
という方は、
オープン・クエスチョンを意識して使ってみましょう。

2cfbc2e4f30a3afbb8c9f8cd90901c75_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

ペーシングの神髄

話を聞くときには、 「あごの動き」(=うなずき方)は、 とても重要な要素です。 ある実験によると、 あごを動かしてうなずきながら話を聞いたときは、 全くあごを動かさないで聞いたよりも、 相手の発言がな …

話を聞くときに嫌われる身体の使い方とは?

人の話を聞くときには、 顔の表情はもちろん、 身体の使い方も大切になってきます。 次のような態度で人の話を聞いていないでしょうか? ・腕組みをする ・足組みをする ・貧乏ゆすりをする ・相槌をまったく …

リーダーシップは何で決まる?

「リーダーシップのある人」というと、どんな人を思い浮かべますか? みんなを先導する人。 頭の回転が速く、話の上手な人。 能力が他の誰よりも長けている人。 いずれもリーダーシップに大切な能力かもしれませ …

悪口を言われたときの聞き方とは?

悪口や陰口などの話になったとき、 どう答えていいか困るときがありますよね。 「部長ってホント最悪。 例の企画の件で意見を出したら、全然話を聞かないんだ。 あの人、言うこともいつもポイントずれてんだよな …

男性に聞き下手が多い理由は?

あるセミナーで、 相手と目を見つめ合う実習をしたことがあります。 何も言葉を交わさず、 ただ見つめ合うのです。 初めて経験したときは、 挙動不審状態でした。 まばたきや呼吸が早くなり、冷や汗でびっしょ …