聴き方

部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?

投稿日:2016年11月2日 更新日:

部下があまり話してくれない、
社員とのコミュニケーションがいまいちうまくいっていない、
そういう人は、
相手の話を聞く際の質問の仕方に
問題があるかもしれません。

質問は、大きく分けて二種類あります。

「クローズド・クエスチョン」と
「オープン・クエスチョン」。
クローズド・クエスチョンは、
「閉じた質問」。

相手が
「はい」「いいえ」でしか
答えられないような質問です。

一方、オープン・クエスチョンは、
「開いた質問」。
相手の答えに自由度が高い質問の仕方です。

コミュニケーションがうまくいかない人は、
クローズド・クエスチョンを多用している
場合が多いです。

相手が自由に自分の考えを述べられる
オープン・クエスチョンは
あまり使いません。

たとえば、
「あの案件はうまくいきそうか?」
このような質問がクローズド・クエスチョンです。

このように質問された部下は、
「はい」か「いいえ」でしか答えられません。

「いいえ」とストレートに言うと
責められたり怒られそうな気がするし
相談したいことがあっても、
部下はつい「はい」と答えてしまいがちです。

しかし、
「あの案件は、今どんな感じかな?」
という質問の仕方だと、

「いい感じに進んでるんですが、
ちょっと気になることがあって…」
「実はあんまり進展が無いんです。

というのは…」などと、
部下は思っていることを
いろいろ話すことができます。

これがオープン・クエスチョンの効果です。

いろんな会社に研修に行かしてもらっていますが、
部下から慕われている人、
成績を出している部署のマネージャーさんは、
質問の仕方が多様です。

オープン・クエスチョンと
クローズド・クエスチョンをうまく使いこなし
部下の話をよく聞きます。

部下とのコミュニケーションをもっと活発にしたい、
部下と心を開いて会話できていない気がする、
という方は、
オープン・クエスチョンを意識して使ってみましょう。

2cfbc2e4f30a3afbb8c9f8cd90901c75_s

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

営業の明暗を分けるあいづちのバリエーションとは?

電話営業の経験も長く、 電話アポインターの指導の依頼を受けることもありますが、 成績のいい人とそうでない人は、 ほんの五分ほど、 電話の様子観察をしているだけで
分かります。 アポイントが下手な人は、 …

問題解決を促すノンディレクティブセラピーとは?

傾聴には、 問題解決を促す力があります。 カウンセリングには、 「ノンディレクティブ・セラピー」 という療法があります。 「ああしなさい」 「こうしなさい」と指示を出さずに、 悩んでいる人の話を じっ …

使わない方がいい相槌とは?

会話の際の相槌は、 相手に「あなたの話をちゃんと聞いているよ」 というメッセージを無意識に伝えます。 相槌をたくさん打つようにすると、 会話も弾むし、相手からの信頼も得られます。 ですが、あまり言わな …

心に響くオウム返しとは

「あなたの話を聞いていますよ」ということを示すには、 オウム返しはとても有効です。 いろんなコミュニケーションの本に書いてありますから もうすでにご存知の方も多いと思います。 相手が話したことをそのま …

感情が表れる身体のパーツとは?

目の動きや手足の動きは、 感情がよく表れるところです。 そして、 意外と感情が表れる身体のパーツが、 「肩」。 「肩を怒らせる」 「肩肘はる」 などの言葉もあるように、 肩はその人の感情を如実に表すこ …