聴き方

隠された情報を聞きだす質問術

投稿日:2016年11月9日 更新日:

 

昨日、一昨日のブログで
言葉の「一般化」「歪曲」について
お話ししました。

今日は言葉の「省略」について
お話しします。

 

 

 

 

たとえば、

「あなたのレストランは接客態度がなっていない」

といった場合、

「何が」「どのようなことが」「どこと比べて」
といった情報が抜けています。

具体的内容が「省略」されているんですね。

接客態度がなっていない、
といったクレームを受けた場合など、
謝罪をするとともに、

「どのような点が不快に感じたのでしょうか?」
「どのスタッフの接客態度がなっていないと
思われたのでしょうか?」

このように、
具体的に確認をすることができると
二度と同じ失敗をしないように対策ができます。

 

 

 

 

◆大切なことは…

人はそれぞれ、
頭の中に自分独自の地図を持っています。

対人関係において、
自分とは価値観の合わない人と出会ったり
考え方で人とぶつかりそうになったとき、

「あの人は分からずやだ」
「あの人の考え方は間違っている」

そう思ってストレスを抱えるのではなく、

「この人の中では
どんな省略・一般化・歪曲が行われているんだろう?」

という興味を持って、
質問をして、話を聞いてみること。

 

 

 

 

そうすることで、
コミュニケーションによる誤解や、
すれ違いを防ぐことができるようになります。

 

 

 

 

また、相手の気づきも促すことができますし、

自分自身もたくさんの気づきを得ることができます。

 

 

1381cdd3d8ee353b0371001e5c2e87eb_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

曖昧な話を明確にするメタモデルとは?

「いろいろとストレスがあって最近飲み過ぎちゃうんですよ」 「ここのところ何をやってもうまくいかないなあ…」 「みんな自分のことを使いやすい便利屋さんみたいにしか 思ってないんだろうなあ」 雑談の際、こ …

言葉の「省略」「一般化」「歪曲」

◆言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 私たちは、言葉を使う際、 過去の体験から引き出して使います。 その際、脳では、 言葉の「省略」「一般化」「歪曲」 が行われています。 言葉によるミス・コミュニケーシ …

悪口を言われたときの聞き方は?

聞き役になったときに困る話の一つが、 「悪口」ではないでしょうか。 「〇〇部長って、本当に自分勝手だよな」 「△△さん、また仕事でミスしてさあ、もう最悪」 ここで、 「本当だよな」 などとと同調してし …

話の中断にご注意

人の話を聞くときは なるべく中断されないような環境で 行うほうがいいのですが、 日常生活では、 そういうわけにはいかないときもありますね。 飲食店ではこちらの話の盛り上がりに関係なく 食べ物ができれば …

話を聞くときに大切なゼロポジションとは

部下の話を聴いているとき、 パートナーの話を聴いているとき、 家族や友人など身近な人の相談を受けているとき、 こんな風に思ってしまうことはありませんか? 「これはきっとこういうことだろう」 「この話は …