聴き方

雑談を成功させる二つのコツとは?

投稿日:2016年11月22日 更新日:

雑談は、
「いかに話すか」よりも
「いかに聞くか」に焦点を当てることが大切です。

会話の際、
一番好印象を与える会話の割合は、
自分30%・相手70%なのだそうです。

人と話す時間が10分ぐらいだとしたら、
自分が話すのは3分ぐらいにして、
後は聞き役になったほうが効果的だということです。

相手の方にたくさん話してもらおうと思うと、
「聞き上手」でなければいけないことに気づきます。

自分の話を熱心に聴いてくれていない人に
話す気力は持てませんからね。

そして、
相手の話を引きだすには質問も大事です。

つまり、
雑談を成功させるコツは、

・聞き上手であること
・質問です。

自分が話す内容ではなく、
聞き方と質問に焦点を当てて
雑談の時間を楽しみましょう。

 

6eb8cd5210b89f7b89246bf68dfee10f_m

-聴き方

執筆者:

関連記事

無口な人との会話術

世の中には、 次々と言葉が飛び出てくる 話し好きな人ばかりではありません。 無口な人、口下手な人もいます。 そういう無口な相手と接するとき、 話を急かしたり、 「話題を変えようか」と言って話題を変えた …

話が盛り上がる質問の仕方とは

会話というのは、たいてい 質問によって成り立っています。 話が盛り上がる、盛り上がらないというのは、 どんな質問をするか、というのが大きいのです。 質問には大きく分けて2種類あります。 「クローズド・ …

最強のオウム返し

セミナーなどでお伝えしている、 最も使えるオウム返し(バックトラック)は、 「~ですね」「~ですか」などの語尾を付けずに、 単語だけで返すパターンです。 「週末、夫婦で九州まで行ってきたんですよ」 「 …

藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?

『「頑張れ」は自分にいう言葉ではあっても、 他人に言う言葉ではない。』 作家の藤本義一さんの言葉だそうです。 悩み相談や愚痴を受けた後、 ついつい言ってしまいがちな言葉が 「がんばれよ」。 言った本人 …

アドバイスをするよりも…

悩み事や、相談事を打ち明けられたとき、 解決してあげようと、 一生懸命になってアドバイスをしたり していませんか? 特に男性に多いようです。 「それはきっとこうしたらいいよ」 「たいした問題じゃない、 …