聴き方

顔の表情を意識しよう

投稿日:2016年10月27日 更新日:

話を聞くときのリアクションは、

自分が思うよりもっと大げさにしたほうが

「あなたの話を聞いていますよ」

「興味を持っていますよ」
ということが伝わります。

 

 

セミナーの実習で、

「表情豊かに聞いてください」

と言っているのに、
無表情のままの人がいます。

 

 

「もっと嬉しそうな顔をしてもらえますか?」
と声をかけると、

「ええ!?これでも笑顔のつもりなんですけど…」
という答えが返ってきます。

自分のことは自分でなかなか
分からないものですね。

 

 

特に男性は
会話の際、

表情がとても出にくい人が多いです。

自分の感情を表に出し過ぎると舐められてしまう、

大きなリアクションをとる男はかっこわるい、

などの思い込みがあるのでしょう。

 

 

感情を表に出さないようにしすぎると、

顔の筋肉がだんだんと固まってきて、

微笑んでいても、

周りから見ると大して笑っていない、

ということがよくあります。

 

 

 

会話の際は、
表情豊かにしたほうが
断然相手に好印象を与えられます。

相手が嬉しそうな顔をしたら、
こちらも嬉しそうに。

相手が悲しそうな顔をしたら、
こちらも悲しそうに。

 

 

無表情で話を聞かれると、

多くの人は、

「ちゃんと聞いてもらっている感じがしない」

「あの人と会話しても手ごたえが無い」

「面白くない」
と思います。

 

 

普段から、

表情豊かに
人の話を聞くことを心がけたいですね。

 

 

「無表情」と他人からよく言われる人は、

鏡の前で笑顔の練習をしてみることを

おすすめします。

 

 

 

dd1aebbdf7a36550bbbc76f5fca05ca3_s

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

言わない方がいい相槌とは?

人の話を聞くときに大切なのは、「共感力」です。 これは、「同情」や「同感」とは全く違います。 相手の話を聞いていて、「わかる」と相槌を打つ人がよくいます。 「こないだ納期が遅れてお客さんから怒鳴られち …

ペーシングの神髄

話を聞くときには、 「あごの動き」(=うなずき方)は、 とても重要な要素です。 ある実験によると、 あごを動かしてうなずきながら話を聞いたときは、 全くあごを動かさないで聞いたよりも、 相手の発言がな …

人を動かす人になるには?

あなたの身近にいる、 「尊敬する人」を思い浮かべてみましょう。 今現在、見当たらなければ、 過去に出会った人でもけっこうです。 それは、 自分の勤める会社の経営者であったり、 職場の上司であったり、 …

人生を幸せにする叱られ上手

あなたは叱られ上手ですか? 叱られるのは誰でも嫌なものです。 できれば避けたい、逃げたいと思うでしょう。 しかし、叱られたとき、 どう受け止めるかで、 人生の質は変わります。 すぐ言い訳をしたり、反論 …

電話対応で大切な聞き方とは?

電話でお客様対応などをする際は、 一般的に「ゆっくりとしたスピードで、丁寧に」 話すことが良いとされます。 しかし、クレーム対応などで ゆっくりと丁寧に答えていたら、 もっと怒られた、 全然怒りが収ま …