聴き方

聞くのを妨げる「ブロッキング」とは?

投稿日:2017年1月23日 更新日:

相手の話を聞いていると、次のようなことって
ありませんか?

①これはこういうことのはずだと思いこんでしまう
②つい説教したくなる
③説得したくなる

④自分の意見を言いたくなる
⑤自分の考えを押し付けたくなる
⑥先読みをする

⑦自分の興味関心だけで聞きたくなる
⑧評価したくなる
⑨自分の都合のいいように整理する

⑩常識的に考えてしまう
⑪あの人と同じだと思ってしまう

このような気持ちが芽生えたとき、
本当の意味で相手の話を聞いているとは
言えません。

このように、
相手の気持ちや本当に伝えたいことを聞くのを妨げる自分の気持ちのことを、
SAT心理療法を開発した宗像恒次教授(筑波大学大学院教授)は
「ブロッキング」と定義しています。

自分の中でこのような気持ちが湧いてくると、
相手の気持ちを受け止めることができなくなります。
そして、いくら熱心に話に耳を傾けているように見えても、
非言語を通じて、あなたのその気持ちは
相手に自然に伝わってしまうのです。

「私の話を真剣に聞いてもらっていないな

「この人はいつも自分の解釈で私の話を聞いている

このように感じると、
相手はあなたに対して心を開かなくなり、
次からは相談事などしてもらえないかもしれません。

話を聞いているようで聞いていない反応、
すなわち、
「自分の関心、追体験、感情、意見、思い込み、
解釈、心を読む、リハーサルをする」

といったことを自分の中に見つけたら、
意識的に脇に置くことが必要です。

自分の思いこみや評価はいったん捨てて、
相手の気持ちや思い、考えに集中しましょう。

そして、
「相手は何を言っているのだろう?何を伝えたいのだろう?」と
相手の気持ちをそのまま受け入れようという姿勢で
話を聞くことが大切です。

相手に寄り添って聞く姿勢を忘れないように気をつけたいですね。

=================
=================

★聴き方スキルをメインに、人生を質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
『メルマガ登録』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセリング』

★『聴き方体験会』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方体験講座』

★『聴き方カウンセラー認定講座』追加開催決定!
詳細はこちらをクリック。
『聴き方カウンセラー認定講座』

★『聴き方インストラクターコース』追加開催決定!

詳細はこちらをクリック。
『聴き方インストラクターコース』

-聴き方

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

相手に心地いいと思ってもらえる「目線のペーシング」とは?

話を聞いているとき、 「目線」をどうすればいいか? 悩んでいる方も多いと思います。 話している相手をじーっと見つめ続けるのは 相手に圧迫感を与えてしまいます。 また、キョロキョロと目線が泳がせていると …

話を聞くときに注意したい体の使い方とは?

人の話を聞くとき、 顔はその人のほうを向いているけれど 体は机やテーブルと向きあったまま、という方がいます。 相手に「あなたの話を聞いていますよ」 「あなたに興味がありますよ」 ということを示すには、 …

人から好かれたいと思ったら?

人から好かれたい、 とは誰もが思うことです。 だから、 好かれるように人はさまざまな努力をします。 オシャレをしたり、 面白い話題をしたり、 自分の特技や自信のあるところをアピールしたり。 でも、 人 …

悩み相談のタブーとは?

以前、カフェで執筆作業をしていたときのこと。 20代ぐらいの男女が私の席の隣に座りました。 10分ぐらいの雑談の後、 女性が男性に、上司や会社に対しての愚痴を マシンガンのように話し始めました。 「ね …

目で話を聞いてみよう

目は脳がむきだしになった器官、と言われます。 目は口ほどにものを言う、ということわざもありますが、 目はとても正直なんですね。 物事を考えるとき、 視覚的な要素で考える人なのか、 それとも音など聴覚的 …