Loading

ブログ

リーダーシップは何で決まる?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「リーダーシップのある人」というと、どんな人を思い浮かべますか?

みんなを先導する人。

頭の回転が速く、話の上手な人。

能力が他の誰よりも長けている人。

いずれもリーダーシップに大切な能力かもしれません。

ですが、
リーダーが忘れてはいけないもっとも大切なことは
「聞く耳」を持つことです。

パナソニックの創業者、松下幸之助氏は、
常に人の話に耳を傾け、
意見をもらったと言います。

お客様はもちろん、
社員の声も大切にしていました。

「あんたの意見はどうか。
私はこう思うんだが」と、
常に人の話を聞こうとしたそうです。

有名な歴史上の人物、
聖徳太子は、別名、「豊聡耳」と言うそうです。

「豊聡耳」(とよとみみ)とは、
「豊かな耳を持つ」
=「人の話を聞き分けて理解することに優れている」
という意味です。

聖徳太子は村人からとても頼りにされていて、
一度に10人もの人から相談を受けた、
という話は有名ですよね。
実際は
10人から一度に相談を受けて答えを出したわけではなく、
10人全ての話を聞いた後に、
的確な助言を残したという説が有力なようです。

そのことから聖徳太子は、
尊敬の念を込めて
「豊聡耳」と言われるようになったようです。

人望のある人物というのは、
例外なく、
「聞き上手」であると、
私は思います。

自分の意見ばかり押し通す人より、
こちらの話をきちんと聞いてくれる人のほうが頼りになるし、
なんでも相談しようという気持ちになるのではないでしょうか。

私自身、
会社員の時代に様々なタイプの上司と出会いました。

思い起こすと、
聞く耳を持っている上司は、
いろんな人から頼りにされていましたし、

そういった上司の下では
私自身も安心して最高の精神状態で
仕事に打ち込むことができていました。

能力はあるけど、
ワンマンで人の話を聞かない上司は、
みんなから恐れられるだけで、
信頼は得ていませんでした。

その結果、
チームワークは悪くなり、
成績も良くない、
リーダーだけが数字を取っている、
という状況に陥っていました。

あなたがリーダーシップを発揮したいと思うなら、
これからもし役職などについて
部下を持つようになったなら、

ぜひ「聞く耳」を持って
仕事にあたっていただきたいと思います。

部下の話を聞く時間。
お客様の話を聞く時間。

それらは決して無駄な時間ではなく、
相手にとっても、
あなたにとっても

数えきれないほどの恩恵を授けてくれる
大切な時間なのです。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


『自信プログラム』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『自信プログラム』https://kikikata.jp/jikokouteikan/

 

d88eb8d78dc45bc3abd7bf18db5f01e8_m

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

  1. 話を聞くときに大切なゼロポジションとは
  2. 好感度が上がる聞き方の技術とは?
  3. 聴き方インストラクターコース
  4. その会社の若い社員がみんな元気がなかった理由とは?
  5. 人と接する仕事の人に使ってほしい質問スキル
  6. 話が続かないときに使える質問集
  7. 聴き方のプロのポイントとは?
  8. 好かれる人の特徴はやっぱり?
PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。