ブログ

藤本義一さんが教えてくれる、「がんばれ」の正しい使い方とは?

『「頑張れ」は自分にいう言葉ではあっても、
他人に言う言葉ではない。』
作家の藤本義一さんの言葉だそうです。

悩み相談や愚痴を受けた後、
ついつい言ってしまいがちな言葉が
「がんばれよ」。

言った本人は何気なく言っているつもりでも、
相手を追いつめる言葉になっている場合があります。

カウンセリングの勉強をし始めたときに、
人(クライアント)の話を聞くときには、
「がんばれ」という言葉を使ってはいけないと学びました。

なぜなら、相手はがんばってがんばって、がんばりぬいた末に
相談しに来ているのです。

「がんばれよ」という言葉は、
「自分ってそんなにがんばっていないように見えるのか?」
「自分はまだがんばりが足らないんだ
これ以上何をがんばればいいんだろう?」
と、励ますどころか、
さらに落ち込ませてしまうのです。

「がんばれ」は、
相手のつらさや悲しさなどの気持ちを
じっくり受け取らずはぐらかしてしまうのです。

何か相談されたりしたら、
人は何か気の利いたことを言わないと、
と思うものです。

しかし、どんな励ましの言葉よりも、
相手の言葉を、心をしっかり聞き、受け止める。
これが何より一番、相手の心を癒します。

『「がんばれ」は、
他人に対して言う言葉では無い』
胸にとどめておきましょう。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

関連記事

  1. 技術職でも大切なコミュニケーション能力
  2. 誰でもできる、日本復興策
  3. 問題解決を促す質問とは?
  4. 「何を話すか」の前に、大切なこととは?
  5. 「聴き方」で得られるもの
  6. 親密な関係を作る質問術
  7. 超カンタンにできて、超強力な聞き方のテクニックとは?
  8. 「話すのが苦手なんです」という悩みは「聴き方」が悪いんです

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。