ブログ

話を聞くときに大切なゼロポジションとは

部下の話を聴いているとき、
パートナーの話を聴いているとき、
家族や友人など身近な人の相談を受けているとき、
こんな風に思ってしまうことはありませんか?

「これはきっとこういうことだろう」
「この話は前にも聞いたな」
「この場合はこうしたらいいのに」

口には出さなくてもこのようなことが思い浮かんだら、
それは本当の意味で話を聴けていない状態です。

こういう考えが頭の中に出てきたら、
すぐに「ゼロポジション」に戻る必要があります。

ゼロポジションとは、
コーチングスキルの一種です。

先入観を排除し、
聴きながら評価をしたり、
操作や説得もせず、
傾聴する状態です。

先入観や評価をする言葉が話を聞きながら胸に思い浮かんだら、
いったん体制を立て直しましょう。

深呼吸をする。
お茶を一口飲む。
軽く腰を上げて椅子に座り直す。
顎に手を当てる。

「このような動作をしたら、ゼロポジションに戻る」
というルールを自分の中に作ると、効果的です。

人の話をただ聞く、というのは、
思いのほか難しいものです。
どうしても先入観や評価の言葉が思い浮かびます。

それは、ある程度は仕方のないこと。
しかし、

「その話は前にも聞いたことがあるな」
「この場合はこうすればいいんだよ」
「君はいつもそうだよね」

このように口に出してしまえば
信頼関係は崩れてしまい、
相手は打ち解けて話すことができなくなります。

相手の話す気力を奪う言葉を口に出す前に、
自分の中で「ゼロポジション」に戻る工夫を持つことで、
人の話を聞くのがだいぶうまくなるはずです。

=================
=================

『日本聴き方協会 公式メルマガ』
聴き方スキルをメインに、
人生の質を上げるための情報をメルマガでお届けします。
詳細はこちらをクリック。
 『メルマガ登録』


★『聴き方カウンセリング』

『聴き方カウンセリング』がオススメな理由。
それは、人に話すことで、心から悩みが離されていくからです。
詳細はこちらからどうぞ。
 『聴き方カウンセリング』


★『2級カウンセラー認定講座』
2時間半で『聴き方のプロ』のスキルが習得できます。
詳細はこちらからどうぞ。
 『2級カウンセラー認定講座』


★『1級カウンセラー認定講座』

「他人の悩みを解消する力」「人に貢献できる力」
を一日集中で身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『1級カウンセラー認定講座』


★『上級カウンセラー認定講座』

2日間で心を癒やす究極の技術を身につけるセミナーです。
詳細はこちらからどうぞ。
 →『上級カウンセラー認定講座』

 

 

関連記事

  1. 価値観の違いの受け入れ方
  2. 話が脱線する人に対する、軌道修正の方法とは?
  3. 使わない方がいい相槌とは?
  4. 攻撃的で自己主張の激しい人に困ったときは?
  5. 知らない話題になったら、こう言おう!
  6. しゃべって仕切るのではなく、聞いて仕切ろう
  7. 黙って聞こう
  8. 営業の明暗を分けるあいづちのバリエーションとは?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。