ブログ

家族の話を聴かないことによって起こる『弊害』とは?

こんにちは。シニアインストラクターの黄本恵子です。

あなたは、家族の話を毎日ちゃんと聴けていますか?

家族など身近な人の話を聴けている人というのは、とても少ないようです。

聴くということは、相手を理解するということ。

人は、心を許した身近な相手ほど、自分の気持ちをぶつけやすくなります。
そして、相手の気持ちを理解する努力を怠ってしまいます。

“帰宅恐怖症”という言葉もあるように、「夫が最近ろくにコミュニケーションを取ってくれない」「夫の帰りが遅い日が続き、休日も一人で出かけることが多くなった」という女性がたくさんいます。

また、子どもが思春期ぐらいになると、「子どもがなにを考えているのか分からない」「子どもがちっとも話をしてくれない」という悩みを抱える親御さんが多くなります。

これは、相手の話をろくに聴かず、自分の気持ちを一方的に打ち放つコミュニケーションを取り続けてきたことの証明と言えます。

人は、聴かない人には口を閉ざし、やがて心を閉ざします。

人は、聴かない人には、話さないのです。

家族・・・特に、自分の子どもと夫の話を『聴く耳』は、最低限、忘れず持ち続けておきたいものです。

子どもの話を引き出す、夫とのコミュニケーションを密にする『聴く技術』を、学びに来ませんか?

聴き方カウンセラー2級認定講座、大阪開催分は、9月29日(土)13時30分~16時です。(阿倍野会場)

プロのカウンセラーが学ぶ聴く技術を、実習を通して習得ができますよ。

詳しくはこちらからどうぞ→http://kikikata.jp/second-grade/

聴き方カウンセラー2級認定講座

関連記事

  1. 「聴き方インストラクターコース」を開催!
  2. コミュニケーションはリアクションで差がつく
  3. 三つのポジションを意識して話を聞こう
  4. 部下とのコミュニケーションを悪くする質問・良くする質問とは?
  5. 黙って聞こう
  6. 枕草子に書かれている人に嫌われる人の特徴とは?
  7. 話の横取りにご注意
  8. 雑談のメリットとは?

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入すれば、更新のお知らせをメールで受信できます。

PAGE TOP
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。